NEW

ユニクロ“痛々しくダサくなる”危険な商品5選…感動パンツ(白)、ダウンパーカ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」 from A4studio
ユニクロ“痛々しくダサくなる”危険な商品5選…感動パンツ(白)、ダウンパーカの画像1
ユニクロの店舗

 ユニクロを運営するファーストリテイリングの発表によると、2020年8月期連結決算は17年ぶりの減収減益だったという。

 ファストファッション業界の王者といえど、やはりコロナ禍の影響を多大に受けていた模様。売上高は前期比12.3%ダウンの2兆88億円、営業利益は42%ダウンの1493億円、最終利益は44.4%ダウンの903億円という、芳しくない結果だったようだ。

 しかし来期は過去最高益を達成するという強気の見通しを打ち出しており、11月には中国・上海で開催された「中国国際輸入博覧会」に初出展し、人気コレクションの新商品や独自の技術展示をするなど、次の一手にも余念がない。

 さて、そんなユニクロはベーシックなデザインの服が多いため、あまりファッションに詳しくない人でも着こなしやすい服が多い印象だろう。だが実はユニクロのなかにも着こなしが難しく、着る人によってはダサくなってしまうアイテムも存在しているのだ。

 そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が、「この冬、買ってはいけないユニクロの服5選」をリストアップ。そして、恋愛コラムニストで10年以上のファッションライター経験もある堺屋大地氏に、なぜおすすめできないかを解説していただいた。

 今回、以下の3つを基準として選定した。

・ファッションビギナーが着るとダサくなる可能性が高いこと

・“最先端のおしゃれ”すぎて一般ウケしない場合があること

・無理に若ぶっているように見えるなどして女子ウケが悪いこと

ファーリーフリースプルオーバー(長袖)/1990円(税別、以下同)

 ふわふわのフリース素材で、暖かさと柔らかな触感を打ち出したプルオーバータイプのトップス。カラーバリエーション(カラバリ)はオフホワイト、グレー、ブラック、ベージュ、オリーブ、ブルーの6色展開。

「プルオーバータイプなので頭からかぶって着るフリース。『買ってはいけない』理由はシルエットがもっさりしていて、ダサいこと。首から右肩部分にかけてボタン仕様になっていて着やすくなっているんですが、これもダサさを引き立てています。カラバリの色味もいまいちで、オフホワイトやグレーはまだいいですが、ベージュやオリーブを着こなすのは相当難しそう」(堺屋氏)

ウルトラライトダウンパーカ/6990円

 ユニクロの冬の代名詞ともいえるウルトラライトダウンパーカ。今季は袖口をすっきりさせるといったブラッシュアップを行っている。耐久撥水加工で多少の雨水ははじいてくれる。カラバリはオフホワイト、グレー、ブラック、ライトオレンジ、イエロー、ダークグリーン、ブルー、ネイビーの8色展開。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合