【TBS・2020年度版】女子アナ・ベスト9!大黒柱は山本恵里伽、江藤愛の後は田村真子の画像1
江藤愛(「TBS公式サイト」より)

 2020年現在の東京キー局各局の女子アナの活躍度を野球の打順に見立てて、徹底分析するこの企画。今回はTBS編だ。なお、DH制を採用した打順にしており、10番目にエースとなる投手を入れている。

1番 宇賀神メグ
2番 上村彩子
3番 山本里菜
4番 江藤愛
5番 田村真子
6番 山形純菜
7番 若林有子
8番 皆川玲奈
9番 良原安美
エース 山本恵里伽

 まず、1番には2018年入社のイキのいい若手を抜擢してみた。宇賀神メグアナは入社3年目ながら、担当番組は『人生最高のレストラン』、『あさチャン!』の水~木サブキャスター、『ひるおび!』の水曜、そして日曜版の『Nスタ』の女性メインキャスターなど多彩。報道に情報系番組にバラエティと、変幻自在にこなす彼女をトップに据えて、打線に勢いをつけたい。

 2番の上村彩子アナは、TBSを代表するスポーツ番組担当女子アナである。『S☆1』の女性メインキャスターと『スーパーサッカー』の女性サブキャスターを担当しているので、お馴染みの方も多いのではないだろうか。

 夜の深い時間に上村アナの爽やかな笑顔を実に観るとホッとするのだが、実は彼女、小・中とバスケットボールをしていて、高校時代には陸上部に所属。2年生時には100メートルハードルで県大会2位になり、地区大会に出場した実績がある。TBS入社後の16年10月には、ちばアクアラインマラソン2016に出場。初のフルマラソン挑戦となったが、4時間38分14秒で見事完走するなど、まさに“スポーツウーマン”なのだ。となれば、21年に開催予定の東京オリンピック関連の番組での活躍も大いに期待されよう。

 また、20年には『NEWS23』でメインキャスターを務める小川彩佳アナの産休中に金曜と隔週水曜に代理のサブキャスターを務めたことも大きかった。15年入社のキャリア6年目で、仕事をバリバリこなす時期に差し掛かった上村アナの安定感を買っての2番起用である。

 さて、ここからはクリーンナップの3・4・5番だ。まず3番には入社4年目の若手の期待の星・山本里菜アナを起用することにする。山本アナといえば、『サンデージャポン』『爆報! THEフライデー』『アメージパング!』、そして『はやドキ!』の水曜サブキャスターと、バラエティを中心にテレビの地上波で4本のレギュラーを持つ売れっ子である。さらにBSとラジオでも各1本ずつ番組を担当する、まさに“TBSの次代を担う若き逸材”。

 あまりにもバラエティ色が強いためか報道系番組からお声がかからないのが弱点といえば弱点だが、このままバラエティ街道まっしぐらに進むのも、将来フリーになったときのことを考えれば“アリ”。打率だけを稼ぐのではなく、そこに長打力も兼ね備えた3番タイプという感じである。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合