相内優香(「テレビ東京公式サイト」より)
相内優香(「テレビ東京公式サイト」より)

 2020年現在の東京キー局各局の女子アナの活躍度を野球の打順に見立てて、徹底分析するこの企画。今回はテレビ東京編だ。なお、DH制を採用した打順にしており、10番目にエースとなる投手を入れている。

 上位1・2番には、イキのいい若手・19年入社の同期コンビに切り込み隊長役を任せることにする。1番には今や『モヤモヤさまぁ~ず2』の4代目アシスタントとして大活躍中の田中瞳アナを起用したい。

 自身とは親子ほど年の差が離れているのに、その差をまったく感じさせない進行ぶりは、お見事のひとこと。逆にさまぁ~ずの2人も若い田中アナにデレデレしつつも、セクハラまがいのことまではしないという、絶妙な関係が成り立っている。田中アナは街ブラの途中で見つけたアクティビティ系の施設でも臆することなく身体を張り、笑いを取りにいく姿勢も好感が持てる。

 さらに彼女は金曜午前中に放送されている『7スタライブ』でメインキャスター、平日夕方に放送されている『よじごじDays』で火・金の進行役を務めている。入社2年目にして、バラエティだけでなく生活情報番組もこなすそのバイタリティは”買い”だ。トップバッターとして大暴れが期待できる。

 続く2番の森香澄アナは、競馬ファンにはいまやすっかりお馴染みの存在だろう。『ウイニング競馬』の司会を担当するようになって丸1年たつが、馬券を外した共演者を軽く”ディする”など、茶目っ気たっぷりなところが印象的だ。その一方で、立てるところは立てるといったテキパキした進行ぶりはお見事。

 また森アナといえば、その歌の上手さから『THEカラオケ★バトル』の司会に抜擢されたことで知られている。その美声を同局のほかのバラエティ番組でも多々、披露している点にも注目だ。さらに、田中アナも出演している『よじごじDays』で、彼女も木曜日の進行役を担当している。このように、田中アナ同様、入社2年目にしてスポーツにバラエティ、生活情報番組もこなす多忙な日々を送っているのだ。この同期コンビは長打力もあれば、あるときは確実に出塁を狙う。まさに”超攻撃型”の1・2番といえよう。

 さて、ここからは期待のクリーンナップである。まず、3番には思い切って入社5年目の片渕茜アナを抜擢してみた。片淵アナは現在、『開運! なんでも鑑定団』のアシスタント、『FOOT×BRAIN』のMC、そして『Newsモーニングサテライト』の月~水サブキャスターなどを担当している。

 つまり彼女も前の2人同様に多ジャンルでの活躍が目覚ましいのだが、そこにもうひとつ大きな番組が加わることとなった。産休入りのため番組を卒業した須黒清華アナの後任として『出没! アド街ック天国』の4代目秘書に就任することが決まったのである。実は彼女、風邪を引いた須黒アナのピンチヒッターとして同番組に出演したこともあるので、すでに”実績”がある。つまりは、いきなり戸惑うことはなさそうで、局が誇る人気長寿バラエティでいかなる進行ぶりを披露してくれるのか、期待は大きい。そういう意味を込めての3番抜擢となった次第である。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合