インスタやTikTokにハマる「Z世代」の正体とは?マイペースにチルしてミー意識は強めの画像1
マーケティングアナリストの原田曜平氏

 日本では1990年代生まれが「ゆとり世代」「さとり世代」などと括られているが、世界的には2010~20年代に社会進出をする若者のことを「Z世代」と呼ぶ動きがある。彼らは小さな頃からスマホやSNSを使いこなすデジタルネイティブ世代であり、それゆえアナログ世代との軋轢を生みやすい。

 そんなZ世代の生態や特徴、接し方などを『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』(光文社)の著者でマーケティングアナリストの原田曜平氏に聞いた。

Z世代の特徴は「チル」と「ミー」

 さまざまなメディアで取り上げられる「Z世代」というワード。これは、だいたい現在10代前半~25歳くらいまでの世代を指している。なぜ「Z」なのかというと、欧米では彼らよりも上の世代が「ジェネレーションX」(1960年初頭~80年頃生まれ)、「ジェネレーションY」(80年代序盤~2000年代序盤生まれ)と呼ばれていたため、その後に続く“最後の世代”ということで「ジェネレーションZ」と呼ばれているのだ。

 Z世代が欧米で注目されるのは、人口ボリュームが他の世代よりも多いためだ。そのため、これからの消費の主役と目されており、企業は彼らの生態や特徴を分析している。少子化の日本においても、将来的にシニア層が消費活動をしなくなる(できなくなる)ことから、Z世代に注目が集まっている。また、企業にとってZ世代は顧客としてだけでなく、貴重な働き手にもなる存在だ。

 若者研究としてZ世代と関わってきた原田氏は、彼らの特徴をこう語る。

「Z世代の価値観の最大の特徴が、『まったりする』ことを意味する『Chill(チル)』を重要視していることです。チルはマイペースに居心地よく過ごす、いわゆる自分時間を楽しむこと。コロナ禍以前は超売り手市場でバイトや就職も競争が少ない環境であったこと、働き方改革やワークライフバランスが浸透したこと、などが影響しているでしょう」(原田氏)

インスタやTikTokにハマる「Z世代」の正体とは?マイペースにチルしてミー意識は強めの画像2
『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』(光文社/原田曜平)

 Z世代の若者は「ネフリでチルってます(ネットフリックスを見てまったりしている)」という感じで、チルという言葉を使う。自分のプロフィールを登録することで企業からのスカウトやオファーが届く「逆求人サイト」の誕生などもあり、比較的働き口に困らない環境で育った彼らにとっては、自分の時間を優先することが大切だという価値観が根付いているようだ。

「もうひとつの大きな特徴は『ミー意識』です。ゆとり世代で中心だったSNSはミクシィやフェイスブックですが、これらは知り合いを見つけて、つながり、交流するものでした。しかし、Z世代で中心のSNSはツイッターやインスタグラムであり、これらは自分で発信したり、発信している人を見たりすることがメインです。幼い頃からそうした発信型のSNSに触れてきた彼らは、自己承認欲求や発信欲求が他の世代に比べて高い。このような過剰な自意識を、私は『ミー意識』と呼んでいます」(同)

『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』 世代人口が少ないにもかかわらず、なぜ発信力・拡散力が巨大なのか? なぜコロナ禍でも予想外に消費金額が大きく、人材として「ダイヤモンドの卵」と呼ばれるのか? 若者研究の第一人者が徹底分析。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合