【確認中】GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポの画像1
今回、試乗したトヨタのGRヤリスRZ。“高級コンパクトカー”GRヤリスの実力やいかに?

 2020年の国産車は、トヨタヴィッツ改めヤリス、ホンダフィット、そして日産ノートと、コンパクトカーの当たり年となった。そのなかでも最も注目を集めたのが、2020年9月に販売開始されたGRヤリス。最上級モデル「RZハイパフォーマンス」の車両本体価格が456万円という、“高級コンパクトカー”だ。

 標準モデルのヤリスが139万5000円~249万3000円なのに対して、GRヤリスは265万円~456万円となっており、最上級グレードは、ミニバン人気モデルであるトヨタ・アルファード2.5S“Cパッケージ”の466万4000円に迫る高額車となっている。高級ミニバン並みのコンパクトカーGRヤリスの実力は、どのようなものなのだろうか?

【確認中】GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポの画像2
今回の車両をお貸し出しくださったのは、国産から海外車まで多くの車両が揃うユニークなレンタカー店「おもしろレンタカー」である。

GRヤリス本来のパフォーマンスを味わうなら、1.6L直列3気筒ターボに4WDの「RC」以上のモデルを

 試乗インプレッションの前に、もう少しGRヤリスについて詳しく紹介しておきたい。

 GRヤリスは、車両本体価格265万円のRS、330万円のRC、396万円のRZ、そして456万円のRZハイパフォーマンスの4グレードが用意されており、今回試乗したのは396万円のRZ。

 RSは1.5L直列3気筒自然吸気エンジン+CVTというパワートレインを搭載したモデルで、GRヤリスの走りを誰でも気軽に楽しめるモデル。GRヤリス本来のパフォーマンスを味わうなら、最高出272ps、最大トルク370Nmを発生する1.6L直列3気筒ターボ+6速MT、そしてGR-FOURと呼ばれるスポーツ4WDシステムの駆動方式を搭載したRC以上のモデルだろう。

 ちなみにRZが1.6Lターボエンジンを搭載したGRヤリスの標準グレードであり、RCはRZをベースに走りに必要な装備以外を簡素化したモータースポーツ参戦用グレード。そしてRZハイパフォーマンスは、冷却スプレー機能付き空冷インタークーラーをはじめ、前後のデフにトルセンLSD、そしてBBS社製アルミホイールにミシュランパイロットスポーツ4Sを標準装着……と、走りに磨きをかけたモデルとなっている。

【確認中】GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポの画像3
1.6L直列3気筒ターボエンジンを搭載。走りに期待が高まる。

構造用接着剤、スポット溶接約200点増し、アルミ素材…標準車のヤリスとはまったくの別物

 標準車のヤリスが5ドア車なのに対して、GRヤリスは欧州市場で導入されている3ドア車をベースとしている。このボディに、構造用接着剤の使用をはじめ、スポット溶接打点を約200点増し打ち。そして大きな開口部となるバックドアの開口部まわりに専用の骨格構造を採用することで、優れたねじり剛性を確保している。加えて、エンジンフードや左右ドア、バックドアにはアルミ素材。またルーフには新工法で製造されたSMCを採用。こうした結果、大幅な軽量化と低重心化を実現しているのである。もはや、標準車のヤリスとはまったくの別物といっていいだろう。

 GRヤリス RZのボディサイズは、全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mm。標準車のヤリスは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmなので、前後のフェンダーの張り出しが特徴のGRヤリスのほうが、ワイド&ローのフォルムとなっている。またGRヤリス RZの車両重量は1280kgで、パワーウェイトレシオは4.71kg/psという数値を実現している。

【確認中】GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポの画像4
標準車のヤリスは5ドア車だが、GRヤリスは3ドア。
【確認中】GRヤリスという名の“小さきモンスター”…これで公道を走っていいのか?悶絶の試乗ルポの画像5
大幅な軽量化と低重心化を実現したGRヤリスは、もはや、標準車のヤリスとはまったくの別物といっていいだろう。
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合