NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小川彩佳アナ、不倫した夫の“強烈な特権意識”…小川との結婚は「狩り」だった可能性

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
小川彩佳アナ、不倫した夫の“強烈な特権意識”…小川との結婚は「狩り」だった可能性の画像1
小川彩佳オフィシャルブログより

 報道番組『news23』(TBS系)でメインキャスターを務める小川彩佳アナの夫、豊田剛一郎氏の不倫が「週刊文春」(2月11日号/文藝春秋)で報じられた。豊田氏は、小川アナが子どもと一緒に都内の実家に帰っているときなどに、不倫相手と密会を重ねていたという。

 驚くのは、豊田氏が不倫相手の女性と親密な関係になったきっかけが、小川アナと入籍した直後のクルージングだということだ。豊田氏が小川アナと入籍したのは、2019年7月だが、「文春」によれば、翌8月の逗子でのクルージングで不倫相手と急接近し、肉体関係を結ぶようになったらしい。しかも、その翌月の9月に豊田氏は不倫相手に“金銭援助”まで提案したというのだから、結婚や入籍を一体何だと思っているのかと怒鳴りつけたくなる。

 婚姻が夫婦の信頼関係の上に成り立つことについて、議論の余地はあるまい。そして、この信頼関係は互いの誠実さによって築かれる。誠実さとは、何よりも不貞行為をしないことだが、豊田氏はこういう考え方とは無縁で、新婚早々遊び回っていたように見える。

 もしかしたら、不倫が悪いとは思っていないのではないか。才色兼備で有名な小川アナは、豊田氏にとって自分のブランド力を高めるための“トロフィー”にすぎず、結婚によって“トロフィー・ワイフ”を手に入れた時点で「狩り」は終わったとも考えられる。「狩り」が終わったら、新たな獲物を求めて次の「狩り」に乗り出すわけで、そのために参加したのがクルージングだったのかもしれない。魅力的な女性を手に入れるための「狩り」に快感を覚え、それを続けられるだけの財力も名声もある男性は、不倫が“悪”だとは思わないだろう。

 このような思考回路の根底には、強い特権意識も潜んでいるように見える。豊田氏は開成高校、さらに東京大学医学部を卒業した超エリート医師である。しかも、外資系コンサルティング大手のマッキンゼー勤務などを経て、医療機関にオンライン診察システムを提供する医療ベンチャー「メドレー」の共同代表を務めていた。今回の不倫報道を受けて、代表を辞任したが、上場した「メドレー」の株価が上昇したおかげで、豊田氏が保有する株式の含み益は180億円を超えるという(「文春」)。

 これだけ輝かしい経歴の持ち主で、しかも資産家である。そのうえ、父親も元大蔵官僚で、衆議院議員を二期務めたというのだから、「自分は特別な人間だから、普通の人には許されないことでも許される」という特権意識を抱くのは当然だろう。いや、むしろ特権意識を抱かないほうが不思議だと思う。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合