目上に「ご苦労様」がNGになったのはいつ?サラリーマンの歴史をひもとくと…の画像1
※画像:『サラリーマン生態100年史 ニッポンの社長、社員、職場』(KADOKAWA刊)

 「サラリーマン」という言葉に変わって「ビジネスパーソン」というワードが使われるようになって久しいが、かつては「勤め人」を指す言葉といえば「サラリーマン」だった。


 ところで、この「サラリーマン」という呼び名が生まれたのは大正時代の中頃。今からちょうど100年ほど前なのだそう。それ以前は、明治時代から使われていた「給与生活者」という名前で呼ばれていたようだ。

 

■目上の人に「ご苦労様です」がNGになったのはいつ?


 日本経済の象徴である「サラリーマン」は、どんな歴史を歩んできたのか。その生態や歴史を掘り下げるのが『サラリーマン生態100年史 ニッポンの社長、社員、職場』(パオロ・マッツァリーノ著、KADOKAWA刊)である。本書では、日本文化史研究家のパオロ・マッツァリーの氏が、ビジネスマナーはいつ作られた?忘年会、新年会はいつから?心の病はいつからあったのか?など、「サラリーマン」につきもののあんなこと、こんなことについて解説する。


 たとえば、会社に入社した新人がまず叩き込まれる「ビジネスマナー」。「ご苦労さま」「お疲れさま」というあいさつ言葉ひとつとっても、「目上の人には使わない」「取引先にはご法度」など慣れないと難しい。


 部下が上司に向かって「ご苦労さまです」とねぎらいの言葉をかけるのは失礼にあたると感じる人もいる。だから、「お疲れさまです」と言うのがビジネスマナーの基本だとされる。


 しかし、1951年時点では、部下が上司を「ご苦労さまです」とねぎらうのは、特に礼を失した言葉遣いではなかったようだ。


 ただ、2005年になると、文化庁が実施した世論調査では、目上の人への「ご苦労さまです」を容認したのは、20代から40代で10パーセント前後となった。一方、50代は14.3パーセント、60代以上では20.2パーセントと、年代が上がるにつれて目上への「ご苦労さま」を容認する割合が増えているという結果も出ている。いつの間にか、マナーも時代と共に変わっていくということだろう。


 「お疲れさま」という言葉は、1980年代に広まった比較的新しいルールである。しかも、元々は今でいう「チャラい流行語」だったのだそう。というのも、もともと芸能界だけで使われていた業界用語的なあいさつであり、一般社会ではほとんど使われていなかった言葉だからだ。ギロッポン、シースーと並ぶ業界用語というわけだ。


 上下関係を気にしなければならない「ご苦労さま」よりも使い勝手が良く、目上・目下に関係なく使える「お疲れさま」は、芸能界から一般に広まっていった。そして、2006年、政府の文化審議会が、目上には「お疲れさま」を使うよう勧めるというお墨付きも与え、芸能界の符丁にすぎなかった「お疲れさま」は、国民的なマナーとなったのだ。


 現役のサラリーマン、これからサラリーマンになろうとしている学生の方たちは、「サラリーマン」がどんな歴史を辿ってきたのか、本書から学んでみてはどうだろう。
(T・N/新刊JP編集部)


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合