NEW
高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

Switch版『マリオ3Dワールド』オンラインで味わう4人プレイの“カオスな楽しさ”

文=高橋祐介/ライター、リモート配管工

Switch版『マリオ3Dワールド』オンラインで味わう4人プレイの“カオスな楽しさ”の画像1

 年明け直後からの緊急事態宣言で始まった2021年。パーセンテージでいえばすでに20%ほどが経過したわけですが、皆さんは長く続く「おうち時間」をどのように過ごしているのでしょうか。

 筆者はといえば相変わらず、触れておきたいゲームや映像作品の数に対して、使える時間が足りなすぎて困っている毎日です……。

 最大の(嬉しい)誤算は、昨年末からXbox Series Xで遊んでいる『アサシン クリード ヴァルハラ』(PS5/PS4/XSX/ONE/PC)がこんなにも長く楽しめる作品だったこと。ゲームに関するツイートがきっかけで新しいゲーム仲間が増えたこともあり(筆者ツイッター)、中世イングランドをめぐる旅はまだまだ続きそうです。

 一方、Nintendo Switch(以下Switch)では『スーパーマリオ 3Dワールド+フューリーワールド』にどハマりしていました。あまりにも楽しかったので、Nintendo Switch Onlineに加入しているフレンドたちにまで布教、週末はオンラインで4人同時プレイに興じています。できれば実際に集まって遊びたいのですが、世間がこんな状況なので「Discord」「Google Meet」などを活用して“リモートゲーミング”しているわけです。

 さて一口に「マリオ」といっても、横視点で遊ぶジャンプアクションタイプと、3Dの世界を冒険するアドベンチャータイプ、おおまかに2系統の作品があるのですが、『スーパーマリオ 3Dワールド』(以下『3Dワールド』)はその中間のような手触りです。ステージをどんどんクリアしていく爽快な楽しさと、隠された秘密を探しだす楽しさ。その両方をバランス良く味わえることが本作の特徴といえるでしょう。

 そんな『3Dワールド』はひとりでプレイしても最高に楽しいゲームなのですが、最大4人まで参加できる同時プレイ時は、また一味違った魅力を見せてくれます。むしろこちらが本作の真髄ではないか……と思ってしまうほど。参加者の腕前や人数によって、楽しさの質が変わってくるのもポイントです。

Switch版『マリオ3Dワールド』オンラインで味わう4人プレイの“カオスな楽しさ”の画像2

 まず2人同時プレイの場合。2人が同じくらいの腕であれば、どちらが先にゴールに到達するか、ステージクリア時のスコアはどちらが上かなど、タイムアタックやスコアアタックの楽しさが加わります。いわばマリオタイマン勝負です。

 また、「相手のジャンプの着地地点に先回りして、下から突き上げて穴に落とす」「そんな相手の妨害を読んでスカらせて、逆にミスを誘う」「相手を持ち上げたまま一緒にゴールすると見せかけ、別の方向に投げて自分だけがゴール」などなど、協力とお邪魔が入り乱れる、虚々実々の駆け引きプレイも面白いものです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合