皇位継承のあり方有識者会議メンバー・中江有里の正体…アイドル冬の時代が生んだ怪物の画像1
「安定的な皇位継承策」などを検討する有識者会議のメンバーのひとり、中江有里(47歳)。プロフィールには「女優・作家・歌手」とあるが、コメンテーターの印象も強い。稀有なキャリアの持ち主である中江は、いかにして現在の地位を確立したのだろうか? (画像は中江有里公式サイトより)

「アイドル冬の時代」と呼ばれる時期があった。一般的には、女性アイドル、特にその歌手活動に対するニーズが大きく低下した、1980年代末期から90年代半ばまでを指す。

 その時代にデビューしたアイドルのなかに、去る3月23日に初会合が開催された、「安定的な皇位継承策」などを検討する有識者会議のメンバーがいる。現在は「女優・作家・歌手」を名乗る、中江有里(47歳)である。

 同会議は中江のほかに、大橋真由美(46歳/上智大学法学部教授)、清家篤(66歳/日本私立学校振興・共済事業団理事長)、冨田哲郎(69歳/JR東日本会長)、細谷雄一(49歳/慶應義塾大学法学部教授)、宮崎緑(63歳/千葉商科大学国際教養学部教授)の計6名によって構成される。加藤勝信官房長官はその人選について、「高い識見を有する方に、さまざまな分野から集まってもらった」と語っている。

 アイドルから、皇室問題について検討する有識者へ──稀有なキャリアの持ち主である中江は、芸能界でどのようなキャリアを重ね、いかにして現在の地位を確立したのだろうか?

Wink、和久井映見と同じ雑誌『アップトゥボーイ』出身…牧瀬里穂、観月ありさと同期デビューも歌手活動は不発

  中江有里の芸能界デビューは、1989年(元号でいえば平成元年)に「ミス・アップNo.16」に選ばれたことがきっかけであった。「ミス・アップ」というのは、現在も刊行されているアイドルグラビア誌「UP to boy(アップトゥボーイ)」(ワニブックス)によるアイドルオーディションの合格者に与えられる称号で、中江より以前には、Winkの鈴木早智子と相田翔子や、現在はNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演中の和久井映見らを輩出している。

「UP to boy」のグラビアで大々的にプッシュされた中江は、17歳だった1991年10月に、飛鳥涼(のちのASKA)が手がけた「花をください」という楽曲でCDデビューを果たした(レーベルはBMGビクター)。

 だが、当時は「アイドル冬の時代」真っ只中である。中江に限らず、中嶋美智代、高山美図記、井上晴美、中條かな子ら91年組の女性アイドルたちのほとんどが、後世に歌い継がれるヒット曲を残すことはできなかった。例外的な成功者として観月ありさがいる程度である。高い人気を誇った牧瀬里穂もこの年にCDデビューしたものの、早々に歌手業からは撤退している。

RANKING