NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

報道されない真実…東日本大震災の直後、生命保険会社は被災地で何をやっていたのか?

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

報道されない真実…東日本大震災の直後、生命保険会社は被災地で何をやっていたのか?の画像1
ジブラルタ生命の小原和子さん

 2011年3月の東日本大震災後には、行政、自衛隊、警察、消防署、医療・製薬関係者、建築関係者など、さまざまな業種や団体の方が寝食を忘れて復興に尽力し、国内のみならず世界中からボランティアはじめ多くの支援と真心が被災地に届けられました。しかし、生命保険業界全体で1599億3445万円(平成25年3月末)もの莫大な保険金を支払ってはいるものの、保険業界関係者が、その時どんな行動を取り、何を考えていたのか、ほとんど報道されていません。ジブラルタ生命の小原和子さんは、津波から九死に一生を得た後は、保険金支払いに奔走しました。小原さんにとってのこの10年間をお伝えします。

「釜石の奇跡」をご存じでしょうか? 東日本大震災で壊滅した岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)町内にある釜石東中学校は、海からほど近い場所に建築され、4階建て校舎の3階まで津波被害に遭いました。生徒は、地震直後、何も持たずにジャージ姿で高台まで走り抜き、全員が無事だったことから「釜石の奇跡」と呼ばれています。

 釜石市に住む小原さんは、震災が起きた日の午後3時に鵜住居に住むお客様を、午後4時には同じく町が壊滅した大槌(おおつち)町内のお客様を訪問する予定で、その後は30キロ離れている当時勤務していた宮古営業所に戻る予定になっていました。

 2時44分頃に突然、カーラジオから「緊急地震速報」が流れました。「ともかく避難しなければ」と、ハンドルを切った直後、大きな揺れに襲われました。ただならぬ事態に「津波は来る」と直感した小原さんは、いざとなれば屋上に避難させてもらおうと、鵜住居内の高いビルを目指して車を走らせ、駐車しました。

 筆者は釜石東中学校の当時の学生からも、「てんでんこ」と言い合いながら逃げたと聞きましたが、小原さんもこうした行動に出たのは、三陸地方で語り継がれていた「津波てんでんこ」によるものです。「てんでんこ」とは、三陸の方言の「各人・めいめい」という意味で、「津波てんでんこ」とは津波の時は家族や周囲のことも考えず、各自バラバラに逃げろという意味です。

「子供の時から、『津波の時はてんでんこだぞ』と言われてきたので、地震が発生したら、『ともかく逃げよう』と思っていました」

 鵜住居で高いビルといっても、せいぜい3階建てです。それでも高いビルに到着してほっとした小原さんがシートベルトを外そうとした瞬間、見知らぬドライバーの方が「逃げろ! ここじゃだめだ。すでに津波は海岸沿いに到着し、車が浮いている。俺も逃げてきた、早く!」と鬼気迫る形相で訴えるのです。

 すぐに高台を目指し、車を走らせている途中にコンビニを見付け、「津波が来たら、物流もストップするだろう」と思い、水や食料、電池などを購入、猛ダッシュで発進しました。このことが小原さんの運命を大きく変えることになるのでした。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合