小室圭さん、支離滅裂ぶり露呈…“弁護士としての資質”に法曹界から疑問、皇室イメージ毀損の画像1
眞子さまと小室圭さん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 秋篠宮家の長女眞子さまと婚約が内定している小室圭さん(29)の代理人弁護士が12日に発表した内容に、驚きの声が広まっている。眞子さまとのご結婚の障害の一つとなっていた小室さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルに関し、小室さん側が解決金を支払う意向を示したからだ。

 この発表に先立つ8日、小室圭さんは一連の金銭トラブルについて説明する数万字の文書を公開。「基本的方針」(文末に引用する原文参照)として、元婚約者との話し合いを経ずに、解決金を払う方式で和解を目指すことに関して、次のように否定的な見解を示していた。

「借金だったことにされてしまえば、元婚約者の方のおっしゃることが正しかったということになり、私や母は借金を踏み倒そうとしていた人間だったのだということになります」

「一般的には金銭トラブルと呼ばれていますが、切実に名誉の問題でもありましたし、今でも、同じように受け止めています」

 ところがわずか数日で事態は一変した。共同通信は13日、記事『小室圭さん、解決金払う意向』を公表した。同記事では、小室さん側のスタンスの転換について「小室さんは8日、小室家への支援名目で支払われたという約400万円の金銭トラブルを説明する文書を公表。弁護士によると、文書の公表により、話し合いでの解決を目指していたことや、これまで解決金を渡さなかった理由を一般の人々に説明できたことから、今後は支払いによって解決を目指す方針となった」と伝えている。

 Twitter上では以下のように、小室さん側の対応に懐疑的な声が上がっている。

「世間の反応が予想以上に悪くて、慌てて方向転換したんだろうけど、より印象が悪くなっただけ」(原文ママ以下同)

「危機管理対応問題の例題としてはそんな不味い対応現実にある訳ない!?と言うほど悪手てんこ盛り」

「小室文書によると、借金を返さない理由は、将来の自分の家族(眞子様)が借金を踏み倒した人間の家族に見られるから返さないと記してあった。ならばここで金を返すということは眞子様、ひいては皇室が、借金を踏み倒す家族、親戚にみなされるということである」

自身の名誉を優先?皇室のブランドイメージ毀損は予期せず?

 小室さんは8日発表の文書で「元婚約者の方との話し合いが途絶えてしまい、現在のような状況になっていることは、たいへん残念です」と認めている。つまり小室さん自身が、元婚約者との話し合いは不調に終わったことを認識しているということだ。同文書で示された内容が、小室さんの代理人弁護士が語るように「これまで解決金を支払わなかったこと」に関する趣旨説明だったというのなら、なぜ同文書で解決金を支払う意向を示さなかったのだろうか。米国資本のローファームで企業法務に従事する男性弁護士は次のように話す。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合