NEW
丸谷健太「だからゲームがやめられない」

『ウマ娘 プリティーダービー』異常な熱狂のワケ…“底なしの楽しさ”を徹底レビュー

文=丸谷健太/ライター

『ウマ娘 プリティーダービー』異常な熱狂のワケ…“底なしの楽しさ”を徹底レビューの画像1

 今回は競馬シーズン真っただなかという季節柄を踏まえて(?)、爆発的な売上で話題となっているサイゲームスのスマートフォンゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、『ウマ娘』)を取り上げたい。

 本作はゲームに先んじて展開されたテレビアニメやスピンオフのマンガなどの評価は高かったものの、今年2月にandroid/iOSで配信が開始されるまでは、競走馬を“ウマ娘”と呼ばれる美少女キャラクター化するというコンセプト、そのうえで改めてウマ娘たちが競馬場を模したコースを走ってレースを行なうという独自の世界観、2018年冬(当初の配信予定時期)から続いたあまりにも長かった“事前登録期間”など、良くも悪くもさまざまな面から一目置かれる作品だった。

 しかし、いざゲームが遊べるようになると、android/iOSアプリのセルラン(セールスランキング)で1位を独走、4月上旬には500万ダウンロードを突破、SNS等では毎日のようにウマ娘の育成論(ゲーム攻略法)や元ネタとなった競走馬のエピソードが話題になるなど、異様ともいえる盛り上がりを見せている。

 本記事ではそんな熱狂ぶりを見て「ソーシャルゲームは課金が必要だし、今から始めるのは厳しいのかな……」と逆に引いた感じになっている人向けに、比較的緩めに『ウマ娘』を遊んでいる自分のようなプレイヤー(課金額は1万円以下)から、本作の魅力を語っていきたい。

ゲームとしての完成度、演出の質の高さで多くのユーザーを惹きつける

『ウマ娘』がヒットした要因としては、まず何よりアプリゲームとしての完成度が非常に高かったことが挙げられるだろう。まずゲームプレイ中に起こるイベントやレース、レース後に行なわれるウイニングランならぬ“ウイニングライブ”など、あらゆる演出のクオリティが非常に高い。イベントシーンでのウマ娘(キャラクター)たちが質の高い3Dモデルでかわいく描かれているのはもちろん、レースシーンは迫力満点。実際にゲームを触ってみるまではまったく想像だにしていなかったのだが、レース中のウマ娘がとても“カッコよく”見えるのには驚かされた。

 個人的にはこういったウマ娘たちの動きを見られただけでも、『ウマ娘』を触ってみてよかったと思えたほど。なのでキャラクターをパッと見て興味を持った人は、それだけで試しにアプリをダウンロードしてみてもいいのではないだろうか。

『ウマ娘 プリティーダービー』異常な熱狂のワケ…“底なしの楽しさ”を徹底レビューの画像2
グラフィックそのもののクオリティが高いだけでなく、会話シーンの仕草などの作りこみも見事
『ウマ娘 プリティーダービー』異常な熱狂のワケ…“底なしの楽しさ”を徹底レビューの画像3
レースでは実際の競馬を意識したカメラアングルとウマ娘をアップで捉えるシーンが挿入され、インパクトのある絵作りに成功している
『ウマ娘 プリティーダービー』異常な熱狂のワケ…“底なしの楽しさ”を徹底レビューの画像4
アプリがリリースされる前はレース後のオマケのような存在と思われていたウイニングライブも、多彩な楽曲や凝ったダンスや演出が用意されており、気合の入った出来となっている

オイシイ部分は無課金で十分楽しめる

 ゲーム内で起こるイベントやウマ娘それぞれに用意されたストーリーを体験するのが目的であれば、ほどよい難易度でウマ娘の育成を進められるのも本作の特徴のひとつ。

 ウマ娘の育成にはプレイヤーの反射神経が要求されるようなアクション要素はなく、ターンごとに練習、レースへの出走、休養といったコマンドを選択していくことでゲームは進行。現在ゲーム内で選べる育成シナリオ“新設! URAファイナルズ”では上記のようなターンごとのコマンド選択をくり返してウマ娘を成長させ、一定期間ごとに設定された育成目標を攻略。シナリオの最後に用意された特別レース、URAファイナルズ優勝を目指していく。