NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

茨城一家殺傷:岡庭容疑者、「殺人自体に性的快楽」と「自閉症スペクトラム障害」が焦点に

文=片田珠美/精神科医
茨城一家殺傷:岡庭容疑者、「殺人自体に性的快楽」と「自閉症スペクトラム障害」が焦点にの画像1
茨城県警察のサイトより

 茨城県境町の住宅で2019年9月、夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、無職の26歳、岡庭由征容疑者が夫婦に対する殺人容疑で逮捕された。岡庭容疑者は、10年前、高校2年生だった16歳のときにも、「連続通り魔事件」を起こしている。2011年11月18日には中学3年生の女子生徒のあごを包丁で突き刺し、翌月1日には小学2年生の女児のわき腹を複数回刺して、どちらの被害者にも重傷を負わせ、逮捕されたのだ。

 それだけでなく、猫を殺害して生首を学校に持ち込み、放火を繰り返していた。その猟奇性からネット上では、1997年に神戸市で発生した連続児童殺傷事件の犯人になぞらえ、「第二の酒鬼薔薇」と呼ばれているようだ。

 たしかに、岡庭容疑者には酒鬼薔薇少年との類似性が認められる。まず、猫殺しから始まり、次第にエスカレートして少女を傷つけ、最後には人を殺した。

 また、2人とも動物虐待や殺害などの攻撃に性的興奮を覚えている。岡庭容疑者は、裁判で「女性を襲うのに性的興奮を感じていた」と証言しており、検察側も冒頭陳述で「映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ており、女の子を殺せば、より大きな性的興奮や満足感を得られると考え、少女たちを尾行し犯行に及んだ」と述べている。

 酒鬼薔薇少年も、猫を殺すと性的な興奮がわき起こることをはっきり自覚していたが、それだけでは満足できず、現実に人を殺したいという欲望がふくらんできた。これは、精神鑑定で指摘されているように「思春期発来前後のある時点で、動物の嗜虐的殺害が性的興奮と結合」したせいであり、「性的サディズム」と診断されている。

「性的サディズム」とは、「未分化な性衝動と攻撃性との結合」により成立した「持続的かつ強固なサディズム」であり、岡庭容疑者にも認められる。もちろん、フロイトが指摘しているように、「大部分の男性の性行動には、相手を征服しようとする傾向として攻撃性が存在している」。だが、性衝動と攻撃性がとくに密接に結びついており、他人を傷つけたり殺したりすることに性的快感を覚える男性が一定数存在することは否定しがたく、岡庭容疑者も酒鬼薔薇少年と同様にその1人のように見える。

 ここで注目すべきは、殺人に至るまでの過程において空想が重要な役割を果たしていることだ。岡庭容疑者は、裁判中「拘置所で女性のグラビアとかそういうのを見ますか」と質問された際、「見ます。その女性の首を絞めて苦しんでいるところを想像します」と平然と答えたらしいが、酒鬼薔薇少年も、精神鑑定で「殺人幻想の白昼夢にふけり、現実の殺人の遂行を宿命的に不可避であると思いこむようになった」と指摘されている。神戸家裁の処分決定要旨によれば「自宅でも、1人で昼間からカーテンを閉めて薄暗くして過ごし、雨の日を好み、殺人妄想にさいなまれていた」という。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合