【完了】菅首相、IOCの言いなり、五輪中止の提案すら行わず…壊れた国会答弁に与党内で危機感の画像1
参議院予算委員会で蓮舫氏に質問に答弁する菅首相(参議院公式サイトより

 菅義偉首相は“壊れた”のか――。Twitter上では11日午前、「国会騒然」がトレンド入りした。10日の参議院予算委員会で、野党の質問に対して菅首相がちぐはぐな答弁を繰り返したことを、一部報道やまとめサイトなどが報じたのがきっかけだった。菅首相といえば、首相就任以後、答弁原稿の音読が目立ち、与党からは「官房長官時代にあった答弁の“キレ”が失われた」とぼやかれ、野党からは「実質的な答弁拒否だ!」などと批判されて久しい。

 そして今回もまた、菅首相は新型コロナウイルス感染症と東京オリンピック・パラリンピック競技大会の質疑に関し、事前に用意した同じ原稿を“壊れたレコード”のように繰り返し読み続けた。野党の質問と齟齬が生じたほか、あたかも「日本国政府は五輪の開催ノータッチ」とも取られかねない空疎な答弁も飛び出し、自民党内からも失笑が漏れる有様だ。

 以下、参議院公式サイト『インターネット審議中継』にアップされている5月10日開会の予算員会から、一連のやり取り(動画該当部分は1:07:40~)を書き起こした。同一の原稿を読んでいると思われる部分は下線を引いた。

5月10日参議院予算員会の質疑より

立憲民主党蓮舫氏(以下、蓮舫) (新型コロナ対策の)対応が後手後手になる状況の中で、東京オリパラ大会本当にやるんですか?

菅義偉首相(以下、菅) 現在の感染拡大を食い止めるために全力を尽くします。また東京大会についてはIOC(国際オリンピック委員会)は開催をすでに決定し、各国に確認していますが、開催にあたっては選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じ、安心して参加できるようにするとともに国民の命と健康を守っていくというのが、開催にあたっての政府の基本的な方針であります

蓮舫 開催国の日本の内閣総理大臣がオリパラ、延期中止をいえる権限はないという認識ですか。

菅 オリンピックの主催者でありますけれども、IOC、IPC(国際パラリンピック委員会)、東京都、組織委員会(東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会)のこの4つが主催者となっております。政府としては今、申し上げましたけれども、現在の感染拡大をくりとめるために全力を尽くすのと同時に、開催にあたっては選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じ、安心して参加できるようにするとともに国民の命と健康を守っていくというのが、開催にあたっての政府の基本的な考え方であります。

蓮舫 去年、東京オリパラ大会を1年間延期した経緯をご存知ですか。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合