GACKT、「コロナは風邪」「医療従事者が“病院で対応無理”とか言ってる」「闇です闇」の画像1
GACKT

 政府は14日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、北海道、岡山県、広島県に緊急事態宣言を発令することを決定し、これで同宣言の対象地域は東京を含む9都道府県に拡大された。さらに「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の対象地域も10県に拡大された。

 NHKのまとめによれば、16日時点の国内累計感染者数は68万4790人、累計死亡者数は1万1524人、現在も7万人以上が入院・治療中。特に感染者数が急増している大阪府では連日の死亡者数が2桁に上り、現在、重症患者数が重症病床数を上回る状態が続いており、医療体制の逼迫が深刻化している。

 また、コロナワクチン接種の遅れも問題視されている。医療従事者向けのワクチン接種は2月から始まっているが、今月13日時点で、約480万人の医療従事者のうち2回の接種が終わっている人は約152万と、約3割にとどまっており、65歳以上の高齢者への接種も約4万人。政府は7月末までに高齢者接種を完了させるとして一日当たり100万回の接種を目標として掲げているが、困難との見方が広まっている。

GACKT「指定感染症に指定、おかしな話」

 東京五輪中止を求める世論も高まるなか、内閣官房参与の高橋洋一氏がTwitter上で「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿し批判を浴びるなど、コロナをめぐる著名人の言動が議論を呼ぶことも多いが、歌手のGACKTが14日に「17LIVE(イチナナ)」上で行ったライブ動画配信で以下のように発言し、物議をかもしている。

<日本は変異種みたいなふうに言ってますけど、まあまあまあ、みなさん、コロナよくないっすか? あんまり神経質になること、やめないですか? コロナ、コロナって言ってますけどね、もう風邪ですよ、これ。風邪、はい、例年ね、風邪でなくなる方もいっぱいいるわけですから、風邪ですよ、風邪>

<医療従事者の方たちが、もうなんか『病院では対応が無理になってきた』とか言ってるじゃないですか。ところが日本の病院の多くが今、潰れ始めているんですよね。なんでか、わかりますか? はい、これ皆さん知らないと思うんでね。ちょっと知っておいてください>

<日本ではですね、このコロナといわれるものが指定感染症と呼ばれる、まあ危険度の高いウイルスに指定されちゃったわけですよ。インフルエンザでも、指定感染症になってないんですよ? で、死者の数で考えたら、インフルエンザのほうが圧倒的に危険なんですよ。にもかかわらず、コロナのほうが指定感染症に指定されてるんですよね。これが、まず、おかしいんですよ。2類っていわれる指定感染症に入ってます。これ、かなりおかしな話なんですよ。だいだいこのレベルのウイルスで2類に入ること自体、おかしな話なんですけどね>

<つまり、これ、闇です闇。本当に。意図あるんでしょうね、世界的な仕掛けがありますよね。“誰が得してんのか?”っていう話なんですけどね。どなたかが儲かるんでしょう。考えてみてください。どの国が儲かっているんでしょうか? ちなみにね、この10年間赤字だったアメリカを支える製薬会社ファイザーは、今年3兆円の黒字化に成功しましたと。闇深いですねー」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合