NEW
藤和彦「日本と世界の先を読む」

インド、感染爆発を招いた“カリスマ指導者”モディ首相…政治・宗教・気象的要因が重なる

文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
【この記事のキーワード】

, ,

インド、感染爆発を招いた“カリスマ指導者”モディ首相…政治・宗教・気象的要因が重なるの画像1
「Getty Images」より

 インドが新型コロナウイルスの爆発的な感染に苦しんでいる。累計感染者数は2500万人に達し、一日当たりの死者数はこのところ4000人を超えている。インドの世界最悪レベルの深刻な大気汚染問題も災いしている。大気汚染を引き起こす微少粒子状物資「PM2.5」を吸い込むと新型コロナウイルスに感染しやすくなることが明らかになっている。

 インドで最も感染が拡大している西部に過去20年で最大規模のサイクロンが直撃し、医療現場に大混乱をもたらしていることも頭が痛い。インドの空港倉庫には多数の国際支援物資が届いているが、支援物資を分配する司令塔が不在のため、その大半が必要とする人々に届いていないといわれている。

 コロナ禍は経済にも大きなダメージを与えている。インドに進出している日本の自動車メーカーは相次いで生産停止に追い込まれている。新型コロナウイルス第2波に襲われたインドで中間層が崩壊し始めている。昨年9月の第1波の時は農村部など貧困層が多く居住する地域で感染が広がったが、第2波では都市部の中間層と上流層の間で急速に拡大しているからである。インドの民間調査機関によれば、2011年以降中間層に仲間入りした人々の半分以上(約3200万人)が再び貧困層に転落するという。インドは中間層の爆発的な増加により、「第2の中国になる」との期待が高まっていたが、コロナ禍で経済が中長期的に低迷する恐れが出ている。

 政権与党を率いるモディ首相の支持率は発足以来最低の水準となっている。このような状態に焦ったのだろうか、与党インド人民党の支持母体であるヒンズー至上主義団体である民族奉仕団のトップは15日、国民に「総ざんげ」を求める主張を展開し、「火に油」を注ぐ結果を招いている。

 すでに昨年11月の時点で、インド議会の委員会は感染第2波を警告し、政府に医療用酸素ボンベの調達増を提言していたが、モディ首相は対策を強化せず、自身の人気を高めることに新型コロナウイルスを利用した。モディ首相は1月下旬に「インドは世界で最も多くの人命を救うのに成功した国の一つだ」と自賛し、この過信が現在の第2波の原因である可能性が高い。3月から実施された4つの州の地方選挙では、何千人もの与党支持者がバスでマスクを着用することなく集会に動員された。本来なら来年実施予定だったヒンズー教の祭典「クンブメーラ」も「今年は縁起が良い」という宗教指導者の助言で1年前倒しになり、4月12日には聖地ハリドワールのガンジス川で300万人以上が沐浴した。

中国に対する不信感

 現在のインドの惨状は、建国の父たちが設けてきた制度的な安全装置の数々をモディ首相が破壊してきたことの結果であるとの指摘がある(5月12日付ニューズウィーク)。モディ首相個人に権力を集中させ、民主主義社会にそぐわないカリスマ的な人格像を確立させたことにより、コロナ禍への迅速な対応を首相に提言すべき人々や制度のほとんどが無力化されてしまったようだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合