ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像1
各社の濃縮タイプコーヒー

 蒸し暑い日が続き、自宅でコーヒーを飲むことがますます増えてきた今日この頃。牛乳や水と割るだけで簡単にお店のような味のコーヒーやカフェラテを楽しめる、濃縮タイプが気になっている人も多いのではないでしょうか? 濃いめ、薄めと味の濃さを調整しやすく、アレンジも簡単で豊富。さらにコストパフォーマンスもいいということで、徐々に人気を集めています。

 そこで今回は、「GEORGIA 猿田彦珈琲監修のコーヒーベース」(日本コカ・コーラ)、「TULLY’S SPECIALTY カフェオレベース」(タリーズコーヒージャパン)、「BOSS カフェベース」(サントリー食品インターナショナル)を飲み比べてみました。

濃縮タイプのコーヒー5本を味比べ

ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像2ジョージア 猿田彦珈琲監修のコーヒーベース(無糖)(税込305円)

 まずは、スペシャリティコーヒー専門店の猿田彦珈琲が監修を務めているこちらから。エスプレッソ抽出したコーヒーを6倍に濃縮していて、340mlボトル1本で約10杯分のカフェラテがつくれます。

 100%エスプレッソ使用とあって、コーヒーの深みをしっかり味わえるカフェラテです。控えめな酸味とほどよい苦味のある、まとまりのよさを感じます。ブラックコーヒーを飲み慣れている人や、甘いのが苦手な人にオススメです。シンプルに氷と水で割ってブラックコーヒーにするのもいいでしょう。

ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像3

ジョージア 猿田彦珈琲監修のコーヒーベース(甘さひかえめ)(税込305円)

 エスプレッソのしっかりした苦味の中に、ほんのり甘さを感じます。まさに、甘すぎず苦すぎない絶妙なバランス! 上品でくどさがなく、後味はスッキリしていて、大人なカフェラテといった感じです。

ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像4

タリーズ SPECIALTY カフェオレベース 無糖 275ml(税込1188円)

 今年の4月からタリーズの店頭で発売がスタートしたカフェオレベースです。約30mlを牛乳170mlで割り、1本のビンでつくれるのは約9杯分。

 コーヒーを飲み慣れている人が好みそうな奥行きのある味わいとスモーキーな風味を感じます。しっかりと主張があるので、ブラック派で、あまりカフェラテを飲まないという人でもおいしく飲めそうです。

ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像5

ボス カフェベース(無糖)340ml(税込305円)

 2020年の販売数量が前年比4割増を記録したボスのカフェベースは、この春に雑味がなく飲み飽きない味わいにリニューアル。5倍濃縮タイプで、この1本で約10杯分がつくれます。さらに、4月からは約7杯分タイプが全国のコンビニ限定で発売中です。

 ミルク感のある無糖のカフェラテで、雑味のない飲みやすさが特徴です。他の2品と比べてもクセが少ないので誰でも飲みやすく、コーヒーをあまり飲まない人にオススメしやすい1本です。そのため、フレーバーシロップなどとの相性がよく、アレンジを楽しみたい人にもピッタリです。

ボス、ジョージア、タリーズ…濃縮タイプのコーヒー、なぜ人気?コスパ抜群&アレンジ自在の画像6

ボス カフェベース(甘さ控えめ)340ml(税込305円)

 こちらは、やさしい甘さとミルク感をしっかり味わえるカフェラテです。無糖と同じく雑味やクセがないので、家族全員でシェアしやすい味です。コーヒーを飲み慣れている人は、少し多めに入れて調整すれば苦味やコクがアップします。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合