川淵・選手村村長「五輪返上すれば世界から蔑視」「日本全体が病」スポンサー企業から反発の画像1
都庁前で行われた東京五輪反対デモ(撮影=編集部)

「新型コロナウイルスで皆苦しんでいる。犠牲が出るのがわかっているのにやらせてはいけない」

「オリンピックやめろ」

「これ、五輪できるでしょ。こんな密になっちゃって、五輪はできるって証明していますよ!」

「マスクを外しましょう!」

 23日午後6時、東京都庁(新宿区)の玄関前には東京オリンピック(五輪)をめぐる混沌を象徴するような光景が広がっていた。都庁前ではこの日、6つの市民団体が主催した東京五輪開催中止を求めるデモが行われた。

 頭上に掲げられた死神をモチーフにした人形が見下ろす中、約200人のデモ参加者が冒頭のように「NO! Olympic(ノーオリンピック)」を訴えると、沿道の向かい側の街宣車から「コロナはただの風邪」との主張で物議を醸している国民主権党党首の平塚正幸氏が「これなら(五輪の観客数制限は)上限50%じゃなく、フルスタジアムで開催できますね」と応じる。

川淵・選手村村長「五輪返上すれば世界から蔑視」「日本全体が病」スポンサー企業から反発の画像2
反五輪デモの会場に登場した「コロナはただの風邪」で知られる平塚正幸氏(撮影=編集部)

 その模様を取材しようと日本国内の大手マスコミ関係者はもちろん、CNNや韓国メディアなど外国の報道機関が大挙して押し寄せていた。そうした光景を見ていたある東京都職員は「今日は選手村の川淵(三郎)村長のインタビュー記事の騒動もあって、インターネット上はまた盛り上がっていましたよね。カオスで頭がおかしくなりそうです」と力なく語った。

川淵選手村村長「日本人は意気地がないと世界から蔑視される」

 前出の東京都職員が指摘するように、この日に現出した五輪をめぐる混沌はデモだけではなかった。スポニチアネックス(スポーツニッポン新聞社)が同日公開した独自記事『五輪選手村・川淵村長単独インタビュー 開催消極的な世論に疑問、成功させて“努力の証”に』が炎上したのだ。23日午後には「川淵村長」がTwitterのトレンドに入った。

 同記事は東京五輪選手村村長の川淵三郎氏(84)に単独インタビューしたものだ。記事上、川淵村長は次のように語った。一部引用する。

「(五輪を)じゃあ返上しますという時、どういう理由にするのか。感染状況がひどくて開催できないといっても、欧州各国と比べて死亡率などが低い日本がなぜ返上するのかと言われるだけ。それでも返上すれば、日本人は意気地がない、世界的なイベントを成功させる気概がないのかと、世界から蔑視(べっし)される可能性があることを誰一人語っていない。日本は臆病風に吹かれて、国を挙げた努力もしなかったという汚名が何十年、百年以上残る。子孫のプライドをおとしめるようなことを今の人たちがやっていいのか」(原文ママ、以下同)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合