NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

「風水」に基づく仕掛けが原因?中国、全土の超高層ビルで倒壊リスクに警戒 政府が建設禁止命令

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

「風水」に基づく仕掛けが原因?中国、全土の超高層ビルで倒壊リスクに警戒 政府が建設禁止命令の画像1
中国・深圳市の「賽格広場(SEGプラザ)」(「gettyimages」より)

 今年5月に中国南部の深圳市中心部にある「賽格広場SEGプラザ)」の高さ356ⅿ、地上72階・地下4階建ての高層ビル「賽格大廈」が2日間にわたって揺れ続け、パニックになったビル内のオフィスにいた約1万5000人が避難した騒動から2カ月以上が経ったが、ビル全体の異常な揺れの原因がようやく判明した。

 ビル最上階の屋上部分に建てられた避雷針兼航空障害灯の役割を果たす2本の角を備えたような尖塔部分(マスト)が上空の風に揺られ、その振動がビル本体部分に伝わって共鳴し、ビル全体が共振する現象が起きていたというのだ。

 しかし、SEGプラザ全体が振動するような現象はこれまで起きたことがなく、今回が初めてだったのはなぜか。それは、このビルが完成してから現在で20年以上たっており、この間、ビル本体に疲労が蓄積して損傷が生じ、20年の年月をかけて、尖塔部分の振動の波長とビル本体が揺れる振動波長が一致したことによって、両者が共鳴したためだ。

 振動が起きないようにするには、尖塔部分を撤去して、ビル本体の損傷を修復しなければならないが、すでに7月20日から工事は始まっており、約1カ月間で終了するという。その後、ビルのテナントは順次、戻ってくる予定だ。

 SEGプラザの大きな揺れは5月18日から20日にかけて、数度にわたって発生した。地上72階・地下4階のビルには、数百の企業のテナントやマンション部分の居住者、レストランや商店などが入っており、これらの1万5000人以上が避難。駐広州アメリカ総領事館も深圳や広州などに居住する米国人に対して、ビルの近くに近寄らないように注意を喚起していた。

 事態を重く見た北京の習近平指導部もこのような異常事態発生後すぐに広東省トップの李希・中国共産党広東省委員会書記に事態の原因究明と安全確認を命じた。習氏としては、中国との関係が悪化しているアメリカから、これみよがしに中国の悪口を言われているようで、中国共産党のメンツにかけても事態を早く収集しろとの厳命ともいえるものだった。

 李氏も今後の自身の出世がかかっているだけに、専門家を中心とする特別調査チームを発足させて、陣頭指揮で対応に当たったが、なかなか原因が究明できずにいたので、ようやく原因がわかって、ほっと一息ついたというところだろう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合