NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

国公立大入試で重要性が高まる「小論文」対策の最新事情…独自の指導で成果を出す高校も

文=木村誠/教育ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

国公立大入試で重要性が高まる「小論文」対策の最新事情…独自の指導で成果を出す高校もの画像1
「gettyimages」より

 国立大学協会では、一般入試以外の選抜方式である学校推薦型選抜(以下、学校推薦型)や総合型選抜(以下、総合型)などの募集定員を全体の3割まで増やすことを目標としている。

 学校推薦型や総合型は、受験生の学力の評価判定を筆記試験重視に偏らず、思考力や判断力を重視する傾向にある。これは2020年からの新制度入試の方針とも合う。また、自主研究、クラブやボランティアなどの高校での活動歴も含めて、総合的、多面的に評価する。その意味で、小論文国公立大学の学校推薦型や総合型にマッチしており、今後は増加していくであろう。

 5年前の16年度は、東京大学の推薦(現・学校推薦型)が話題を呼んだ。センター試験の成績条件が非常に高く、これなら一般入試でも合格できる、という声もあった。最近は合格者数も増えている。

 科学オリンピックをはじめとした全国レベルの大会・コンクールや語学の資格・検定試験の高成績者など、学部によって推薦要件が指定されている。各学部とも面接を課しているが、中でも文学部は異色である。来年の22年度学校推薦型の場合、出願時に高校の「総合的な学習の時間」などで学んだことをもとに論文を提出させ、さらに選考では1日目に小論文、2日目に面接としている。表現力重視なのがわかる。

 京都大学の特色入試は、学部によって、大まかに言うと「学力型AO」型、「推薦」型、「後期日程」型に分かれる。文・法・経済・薬の各学部ほか、農などの一部学科で論文試験(小論文)を課す。一般選抜でも経済学部の後期の代わりに課す論文試験は有名だ。2時間半にわたり、長い論文を読んで論述するヘビー級の内容だからだ。

 大阪大学は、能力、意欲、適性を多面的・総合的に評価する「世界適塾入試」を実施。「世界適塾AO入試」「世界適塾推薦入試」「国際科学オリンピックAO入試」がある。学部ごとに異なるが、21年度に小論文を課したのは、文・人間科学、外国語、医学医学科、医学部保健学科、薬学部である。親切にも大学のホームぺージで解答例や出題の意図を公表しているが、課題文自体は著作権の関係で8月下旬の段階では掲載されていない。

 他にも東北大学が、学校推薦型や総合型のほか、国際バカロレア入試とグローバル入試を課す。総合型は、テストを課さないAO入試II期は文学部・教育学部・法学部・理学部・医学部(医学科)・医学部(保健学科)・歯学部・工学部・農学部で、共通テストを課すAO入試III期は全学部で実施する。

 もちろん、その他の国立大学でも学校推薦型や総合型を導入しており、進学設計の重要な針路となっている。その選抜方式で多く採用されている小論文の傾向と対策がポイントとなってくる。

2021年入試に見る、小論文の出題傾向

 21年度国公立大学の学校推薦型・総合型で課される小論文では、多くの大学がコロナ禍を取り上げている。22年入試では、出題の内容が決まる夏から秋にかけて感染状況が深刻化しているので、より広い視点から国際社会の動きなども踏まえた出題がありそうだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合