NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

コロナ禍で膝に痛みを抱える人が急増…運動不足や体重増が要因か、初期段階での受診が重要

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】,
コロナ禍で膝に痛みを抱える人が急増…運動不足や体重増が要因か、初期段階での受診が重要の画像1
「Getty Images」より

 東京をはじめとする21都道府県が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言下にある。政府は、期限となる9月12日での宣言解除は難しいとの見解を示している。今後も感染予防に重点が置かれることになり、企業や学校のリモートは必須の対策ともいえる。

 しかし、リモートワークが一般化したことで、これまでの習慣が大きく変わり、体調に変化が生じる人も少なくない。北海道札幌市にある福住整形外科クリニック院長の亀田和利医師のもとにも、膝の痛みを訴える患者が多く訪れるようになったという。

「膝関節の周りには、関節を支える筋肉があります。リモートで運動量が極端に減ったことで筋肉も衰え、膝関節に負担がかかり、違和感や痛みを訴える人が増える傾向にあるようです」

 膝の痛みのなかでも多いのが「変形性膝関節症」であり、その患者数は全国で約3000万人と推定されるという。亀田医師に変形性膝関節症について詳しく聞いた。

「変形性膝関節症とは、膝の関節の間の軟骨がすり減り、骨同士が擦れ合い、摩擦によって痛み、腫れ、こわばり、運動能力の低下が起きる症状です。また、関節周囲の骨の変形も生じ、数年から数十年かけて進行し、関節の動きが大きく制限され、日常生活にも支障をきたすようになります」(亀田医師)

 一般に変形性膝関節症は40~50代以降に多く、特に女性の発症率が高い傾向にある。

「何気ない日常生活で行う動作でも、膝を使用する回数は一日に数千回ともいわれます。長い年月をかけて膝はダメージを受けています」(同)

 コロナ禍で外出の頻度が減り膝周囲の筋力が低下した状態では、膝への負担が大きくなる可能性がある。変形性膝関節症を進行させないためには、初期のケアが重要だという。

「変形性膝関節症の初期の段階では、歩き出す時などに痛みがありますが、歩き始めると痛みが消えることが多く、『病院へ行くほどでもない』と放置してしまい、悪化するケースも多く見受けられます。初期の段階で症状を把握し、適切な治療を行うことで悪化を防ぐことは可能ですので、ぜひ受診してほしいと思います」(同)

変形性膝関節症の治療

・運動療法…変形性膝関節症の初期で軽症の場合は、運動療法により改善と進行防止が期待できる。

「運動療法は、ウォーキングなど負担が少ない運動を習慣とします。膝の周りの筋肉を強化することで関節を安定させ、痛みを軽減します。運動療法に加えて肥満の場合は減量します。体重が1kg増えると、膝には3kg以上の負担がかかるといわれています。体重を減らせば、その分、膝への負担を大幅に軽減できます。コロナ禍に体重が増加した人は、食事、運動など日常生活を根本的に見直すことをお勧めします」(同)

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合