NEW
田中圭太郎「現場からの視点」

自国開催の東京パラリンピック関連テレビ放送、なぜリオ大会より減少したのか?

文=田中圭太郎/ジャーナリスト
東京パラリンピック
東京パラリンピック(筆者撮影)

 東京パラリンピックのテレビでの放送時間が過去大会とどう変わったのかを調査した、ヤマハ発動機スポーツ振興財団の「テレビメディアによる障害者スポーツ情報発信環境調査」の結果が、12月17日に明らかになった。

 この調査は2008年の北京大会以降、パラリンピックが開催された年に実施されている。夏季大会で比較すると、2016年のリオ大会は2013年に東京2020パラリンピックの開催が決まったこともあり、それまでの大会に比べるとテレビの放送時間は激増した。自国開催の東京大会では、放送時間はさらに増えるだろうと予想された。しかし、実際にはわずかに減少する結果に終わったことが分かった。特に、開催後の放送時間はリオ大会よりも大幅に減少している。

 コロナ禍の無観客開催だったこともあり、パラリンピックの選手の活躍や、大会の意義を知るにはメディアの力が不可欠だったが、関係者にとっては残念な結果となった。しかも、大会開催中と開催後の社会情勢を振り返ってみると、パラリンピックの放送時間が減少した大きな要因が国内の政局だった可能性がある。調査結果について考えてみたい。

自国開催なのにリオ大会を下回った放送時間

 同調査は、2008年の北京大会以降、パラリンピックの開催にあわせて実施されている。マスメディアでのパラスポーツの露出状況を把握し、その影響度やパラスポーツの社会的認知度を図ることが目的だ。

 調査の方法は、パラリンピックの競技を伝える放送だけでなく、情報番組やニュース番組なども含めたパラスポーツ関連の放送時間を、東京都内の地上波デジタル放送のデータから抽出。パラリンピック開催1カ月前からと、開催中、それに開催1カ月後までの期間でそれぞれ集計した。全体の放送時間を過去の夏季大会と比較したものが、次の図になる。

自国開催の東京パラリンピック関連テレビ放送、なぜリオ大会より減少したのか?の画像1
(図1)ヤマハ発動機スポーツ振興財団「テレビメディアによる障害者スポーツ情報発信環境調査」資料より

 対象となったのは、NHK総合、NHK教育、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京での放送。前提として、北京大会や2012年のロンドン大会に比べると、2016年のリオ大会は放送時間が飛躍的に増加していた。これは、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が、2013年に決定したことが背景にある。すべての期間で放送時間が増加していた。

 東京大会は自国開催であることや、時差がないことを考えれば、リオ大会よりも放送時間が増えることが予想された。ところが、各チャンネルを合わせた開催1カ月前から開催1カ月後までの放送時間は230時間47分9秒。リオ大会の234時間36分59秒を下回ったのだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合