NEW
岡田正彦「歪められた現代医療のエビデンス:正しい健康法はこれだ!」

塩分の過剰摂取、胃がんの最大原因…一日7.6g以下が推奨、特に子どもは要注意

文=岡田正彦/新潟大学名誉教授
【この記事のキーワード】, ,
塩分の過剰摂取に要注意
「Getty Images」より

 食事の塩分量に気をつかっていますか? アメリカ食品医薬品局は、長い沈黙を破り、一日の塩分摂取量に関する国民向け指針を発表しました【注1】。

 このような指針は従来からあったのですが、アメリカも縦割り社会のため、役所や学会によって内容がバラバラでした。塩分を減らすとむしろ寿命が縮まるというデータが発表されたこともあり、混乱が続いていたのです。

 今回、発表された改訂指針は、ずばり「一日のナトリウム摂取量を3グラム以下に!」というものでした。ナトリウムは食塩の主成分ですが、これを食塩に換算すると約7.6グラムになります【注2】。ちなみに日本人の一日平均塩分摂取量は、厚生労働省の最新データで、女性9.3グラム、男性10.9グラムとなっています。

 過剰な塩分摂取が原因で起こる病気の代表は、血圧の上昇によって起こる脳卒中です。塩分を厳しく制限することで、この病気を大幅に減らせることは、すでに広く知られているところです。

 意外に知られていないのは、塩分の取り過ぎが「胃がん」の最大原因になっているという事実です。図をご覧ください。これは少し前のデータですが、欧米各国の研究者たちが共同でまとめたもので、横軸が1日の塩分摂取量、縦軸が10年間の胃がんによる死亡率となっています【注3】。ひと目でわかるのは、食肉や乳製品などの消費が多い欧米諸国では、胃がんによる死亡が非常に少なく、一方、塩分が味付けの中心になっている東アジアの国々では、日本を含めて圧倒的に多くなっていることです。

 アメリカでは、保存用に塩漬けにした肉を食べていた時代、胃がんによる死亡が最上位を占めていました。しかし、電気冷蔵庫の普及にともなって食生活が激変し、その後、胃がん死亡もほとんどゼロになっていったのです。この事実から、日本でも塩分摂取を減らす努力を国全体で進めていけば、胃がんを撲滅できるかもしれないという期待があります。

 これらのエビデンスを総合してアメリカ食品医薬品局は、今後10年で国民の塩分摂取量を4割減らせれば、50万人の命を救えると試算しています。塩分摂取が1日7.6グラム以下というのは、日本人の食生活を考えると、かなり厳しい目標値です。そんなに減らして大丈夫なのか、という心配もあります。

食塩に代わる味付けをする

 そこで参考になるのは、われわれの祖先の食生活です。石器時代まで遡ってみましょう。そのころ製塩の技術はもちろんなく、とくに海から遠く離れた土地に生活していた祖先は、食塩を取るチャンスはほとんどなかったはずなのです。研究者の推測によれば、野に咲く草花や木の実、魚や動物の肉などに含まれている塩分が中心で、その量はおよそ1日3グラム以下だったそうです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合