NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

新年はクラシックでお祝い!ウィーン・フィルのコンサート、締めの2曲が最高!

文=篠崎靖男/指揮者
新年はクラシックでお祝い!
「Getty Images」より

 明けましておめでとうございます。今年も“篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」”をよろしくお願いします。

 日本のお正月といえば、初詣をして、家に帰ってお屠蘇を飲み、おせち料理をつまみながら、子供にお年玉をあげるというイメージですが、音楽家の僕としては、ひとつだけ足りないものがあります。

 それは音楽です。12月に入ればコンサートホールではベートーヴェンの『第九』が演奏され、街中ではクリスマス・ソングが流れますし、大晦日ともなれば『輝く!レコード大賞』(TBS系)、『NHK紅白歌合戦』など音楽が満ちあふれますが、元旦を迎えた日本は急に音楽がなくなってしまいます。もちろん、雅楽などがお正月を彩りますし、普段耳にしない日本の伝統音楽に耳を傾ける良い機会ではありますが、それにしても音楽が極端に少なくなるというのが、音楽家の僕にとっての新春のイメージなのです。

“新春コンサート”と銘打ってコンサートを行うオーケストラもありますが、やはりオーケストラ楽員も日本人としては、お正月はお休みしたいのが心情です。東京の主要コンサートホールのスケジュールを調べても、元日には何もやっていないようです。

 そんななか、サントリーホールだけは三が日、恒例のウィーン・フォルクスオーパー交響楽団が来日してニューイヤーコンサートを予定していました。ヨーロッパではクリスマスに比べて新年は重要ではないので、日本に行って一稼ぎというわけですが、今回、日本政府による「水際対策措置の強化」のために入国が困難な状況となり、中止となってしまったようです。

 ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のメンバーは、今年の新春はウィーンの自宅で過ごすことになりましたが、このオーケストラはウィーン・フォルクスオペラ所属なので、ウィーンの新春恒例オペラ、ヨハン・シュトラウスの喜歌劇『こうもり』の上演のために、代わりに仕事をすることになった楽員も多いでしょう。

 そんな元日ですが、クラシックファンのみならず、クラシックに興味がなくても毎年、テレビで観る方も多いウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートは今年も開催される予定です。テレビの音量をいつも以上に上げて、ぜひ今年の元日はクラシック音楽で祝ってください。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合