NEW

揺らぐRIZINの信頼…八百長で虚偽説明のシバター、チャンネルBANなら大打撃か

文=編集部、協力=山岸純弁護士/山岸純法律事務所代表
【この記事のキーワード】, ,

シバターの公式Youtubeチャンネルより

 大みそかに行われた総合格闘技イベント「Yogibo presents RIZIN.33」での注目マッチ、Youtuber・シバターと元K-1王者の久保優太の対戦で“台本”があったことが発覚した問題で、シバターは4日、自身のYoutubeチャンネルに動画を投稿。次のように久保に語りかけている。

「お前、去年の大晦日のRIZINで戦って、試合前にそのYoutuberの『1ラウンド目は手を抜いてください。2ラウンド目から、お互い本気でいきましょう』というあからさま、わかりやすい嘘に騙されて、1ラウンド目、手加減して負けたらしいな」

「久保、そんなのそのYoutuberがいっつもいつも動画や試合で使う常套句じゃないか」

「一度、台本をのんだ格闘家。どこも使ってくれないぞ。RIZINはおろか、日本の格闘技界全部だ」

 まったく反省の色を見せていない様子だが、スポーツ紙記者はいう。

「シバターとしてはRIZINへの出場も、動画の再生回数を上げるためのYoutuberとしての活動の一環でしかなく、試合の勝ち負けはどうでもいいし、かえって八百長疑惑によって注目を集めることになりラッキーくらいにしか思っていないのだろう。格闘技を続けていく必要がないシバターにとっては、出場資格を剥奪されたとしても痛くも痒くもない。

 一方、久保はいくら正直に告白しても“台本をのんだ”という事実は格闘家としては致命的で、RIZIN運営元も、JMOC(日本MMA審判機構)がかかわる公式試合で八百長があったことがわかれば、他の試合でも同じようなことが行われているのではないかと世間から疑いの目を向けられ、信頼に傷がついた。ファン離れや今後の大会開催、チケット販売に影響が出る恐れもある。また、今回の件についてきちんとした調査と結果の公表、今後の防止策の策定なども余儀なくされることになり、とんだ災難を被った。

 本来であれば、久保はシバターから台本を持ち掛けられた段階で運営元に報告すべきだったのはいうまでもないが、その時点ではすでに多くのチケットが販売済で、2人の試合は日本中が注目するマッチだったこともあり、もし運営元が初期の段階で報告を受けていたとしても、どう判断していたのかは難しい部分もある」

シバター「まったく身に覚えはありません」

 気になるのは、試合翌日の今月1日、久保の妻の親族を名乗る人物が、Twitter上で久保とシバターが事前に試合の流れについてLINE上で打ち合わせをしているタイムラインのスクリーンショットを投稿し、シバターはYoutube上で「まったく身に覚えはありません。あれ捏造なんじゃないですか?」と否定していた点だ。

「たとえ八百長だったとしても、一民間団体が開催する興行イベントにすぎず、法的に罪に問われることはないだろう。その意味では、もしシバターがそうしたことを踏まえた上で確信犯的にやったのだとすれば“賢い”。

 ただ、最初にLINEのタイムラインが流出した際に“身に覚えはない”と嘘をついたということは、この時点ではシバターも“バレたらマズイ”という認識があったということ。さらに、動画再生回数を稼ぐためにこれだけのペテンを働いて騒動を起こし、運営元のみならずチケットを購入した多くの観客に損害を与え、地上波のテレビ放送までされいたためスポンサーの問題も絡んでくる。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合