NEW

中国、驚愕の監視社会の実態…北京五輪で各国選手のSNS投稿・通話も監視か

構成=大野和基/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
中国、驚愕の監視社会の実態
驚異的な監視社会となった中国(「Getty Images」より)

 2月4日に開会する北京2022オリンピック競技大会。その出場選手やメディア関係者向けのスマートフォン用健康管理アプリ「MY2022」に、セキュリティー上の欠陥があるとカナダの研究者らが発表し、世界中で物議を醸している。

 このアプリは北京オリンピック組織委員会が、主に大会期間中に選手間の新型コロナウイルス関連の医療情報を追跡・共有する目的で作製したものだが、トロント大学の学際的研究室「シチズン・ラボ」の研究者らによると、「MY2022」は個人データを送る際に適切に暗号化しておらず、脆弱な状態だと公表。

 これに対し国際オリンピック委員会(IOC)は、第三者機関による検証の結果、「重大な脆弱性は見つからなかった」と説明し、「MY2022の携帯電話へのインストールは義務ではない」とした。だが中国政府は、すべての外国人に対し、中国に向けて出発する14日前に「MY2022」をダウンロードし、体調などを毎日記録することを求めている。そのため、中国政府が外国人の情報を収集して監視しようとしているのではないかとの懸念が高まっている。

 そんななか、中国のAIを用いた驚愕の監視社会の実態を暴いた書籍『AI監獄ウイグル』(新潮社)が1月14日に発売され、大きな話題を呼んでいる。著者で、米調査報道ジャーナリストのジェフリー・ケイン氏に、中国当局の厳しい監視の模様を、ジャーナリストの大野和基氏が取材した。

中国、驚愕の監視社会の実態…北京五輪で各国選手のSNS投稿・通話も監視かの画像2
ジェフリー・ケイン氏(撮影:Chale Chala)

外国人ジャーナリストは当局の監視下に

――2017年にバックパッカーを装って新疆ウイグル自治区へ取材に訪れたとき、何気なく写真を撮ったあなたが突然、警察に囲まれた話が出てきますが、詳しく教えてください。

ジェフリー・ケイン氏(以下、ケイン) 写真を撮った瞬間、私は4人の警官に囲まれて、少しの間拘束されました。新疆ウイグル自治区ではこれはノーマルのことです。特に中国西部ではノーマルです。また、もしあなたが外国人のジャーナリストであれば、中国の多くの地域でもノーマルです。この件で私がショックを受けたのは、その警官たちが突然、姿を現したことです。彼らが私を長い間監視していたことは、非常に明白です。

 この経験は、私に限ったことではありません。私は、追尾されて嫌がらせをされた多くの特派員を知っています。ホテルに泊まっていて、朝起きたら突然、警官らが現れて、「なぜここに泊まっているのか」「何をしているのか」と尋問された人もたくさん知っています。

 それでも、我々ジャーナリストにとって地元の人ほどひどくありません。新疆ウイグル自治区の地元の人にとっては“テクノロジカル・ディストピア(暗黒郷)”です。ありとあらゆる面が監視されています。

――もし私が観光客やジャーナリストとして中国に入って、興味のある光景をカメラで撮影し始めると、あなたと同じような目に遭うと思いますか?

ケイン 場所によりますが、同じ目に遭うでしょうね。北京の中心街であれば大丈夫でしょうが、新疆ウイグル自治区やチベット、北朝鮮との国境、モンゴルの内部など、首都から離れたところであれば、かなり嫌な目に遭うでしょう。

 私の知人で、最近中国を旅行した多くの人が同じ目に遭っています。以前は外国人の観光客にはもっとオープンでした。北朝鮮の国境近くでリサーチをしている友人がいますが、彼と同僚は丹東に行っただけで丸一日拘束されたと言っていました。北京にすぐ戻るように言われたのです。

『AI監獄ウイグル』 新疆ウイグルは、米中テック企業が作った「最悪の実験場」だった。 衝撃の告発ノンフィクション amazon_associate_logo.jpg

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合