NEW

サウナブームの裏で“本当にあったヤバい話”…入れ墨の客に注意した結果

文=織田淳太郎/ノンフィクション作家
【この記事のキーワード】,
サウナの室内(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 関東地方のとある田舎町のサウナ付き温泉施設。つい先日、私がそのサウナに入ろうとすると、入り口付近に座る初老男性に「ちょっと」と声をかけられた。

「体がまだ濡れとるよ。ここはみんなが使うところだからな」

 その横柄な言い方に一瞬ムッときたが、私はすぐに外に出ると体を拭き直し、再びサウナに戻った。

「悪いね、兄さん」

「いえ」

 と無愛想な返事を投げつけて、その男性に改めて目を向けた。下段の側面壁に背中を預け、足を伸ばして横向きに座っている。左腕は威張ったように上段の席にダランと置かれていた。

 10人も座れば満杯になる狭いサウナ室。この男性1人で、少なくとも4人分の席を独占している。サウナ客は私も含めて6人いたので、これだけでほぼ満員状態だった。

(自分のマナー違反を棚に上げやがって……)

 私が憮然として奥の上段に腰掛けていると、今度はその男性が子分らしき他のサウナ客に、大声で話し始めた。

「だいたいこの界隈では、コロナ患者なんかほとんど出てないんだぞ。他県からやってくる奴が一番危ないんだ。そう思わねぇか?」

 子分らしきサウナ客が何を答えたのか、よく聞き取れなかったが、男性が私を二、三度ふり返ったので、もしかしたら初めて見る私を他県から来た「一番危ない奴」だと思ったのかもしれない(私は他県の人間ではないが、自宅は相当離れている)。

 それよりも何よりも、「黙浴」が暗黙の了解になっている温泉施設の、しかも、狭いサウナ室。コロナの飛沫感染の拡大が懸念される今、大声で喚き散らすことが、ギューギュー詰め状態の他のサウナ客にどんな不安を与えるのかを、この男性はわかっているのか……。

 男性のおしゃべりは止むことなく、私は汗をかきながら次第にイライラしてきた。

(こいつにリベンジするなら今だ……マナー違反を指摘してやろう)

 そう何度も思い、言葉を発しかけたが、結局はすごすごとサウナ室を出た。こうなったら、もうサウナに入る気持ちも失せていく。その男性と、またサウナ室で鉢合わせしないとも限らない。そうなると、さらに文句を言いたくなる衝動に駆られ、フラストレーションが溜まる一方……。

 私は一風呂漬かると、脱衣場に向かった。

全身入れ墨の男たちがヒソヒソ話

 2019年に始まったドラマ『サ道』(テレビ東京系)の影響もあり、今やサウナブームである。キャッチフレーズは「ととのう」。サウナと水風呂の相互作用でデトックス効果が高まり、それにより日々の疲れがリセットされるという謳い文句が、このストレス社会におけるサウナ人気を生んでいるのかもしれない。ランナーズハイのような快感を得られると言われている。

 私も若い頃からのサウナ愛好家である。不摂生だらけの運動不足に陥ってからは、週に二度のペースでサウナを利用するようになった。そうは言っても、サウナには『サ道』が描くようなパラダイスばかりが待ち受けているわけではない。

 週刊誌記者だった若い頃、沖縄県に取材に赴いたついでに、当地のサウナに入った。沖縄のサウナは初めてだったが、私は息もできないほどの緊迫した心理状態に、いきなり追いやられている。

RANKING

23:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合