NEW
~あやうい社会主義ブームと 政府の経済介入を称賛する経済学者・言論人をメッタ斬り!~

貧困・格差・環境破壊を引き起こしているのは自由な資本主義ではない!

文=木村 貴/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
貧困・格差・環境破壊を引き起こしているのは自由な資本主義ではない!の画像1
『反資本主義が日本を滅ぼす』(コスミック出版)

 さまざまな経済・社会問題の原因は資本主義にある、とマスコミや言論人は言う。けれども、それは正しくない。資本主義とはそもそも何かを確認し、事実に照らして考えれば、問題の「真犯人」は、自由競争に基づく本来の資本主義ではないとわかる。真犯人は官民癒着に蝕まれた「偽りの資本主義」である。『反資本主義が日本を滅ぼす』(コスミック出版)を上梓した、経済ジャーナリスト・木村貴氏の問題意識はどこにあるのか?

ベストセラー『人新世の「資本論」』による資本主義攻撃

 一匹の怪物が世界を徘徊している。資本主義という怪物である——。

 社会主義の教祖マルクスとエンゲルスの共著『共産党宣言』の有名な言葉をもじって、今の政治・経済に関する議論の状況を一言でいえば、さしずめこんなところだ。貧困、格差、飢餓、環境破壊、戦争、果ては新型コロナウイルス感染症の蔓延に至るまで、世の中に広がるさまざまな問題は、すべて資本主義という怪物のせいだという。この怪物は「グローバル資本主義」「新自由主義」「市場原理主義」といった呼び名でも非難される。

 40万部突破のベストセラー、『人新世の「資本論」』の著者、斎藤幸平氏(大阪市立大学准教授)は、「資本主義の本質は、絶えず利潤を求め、資本を増やし、永遠と経済成長していく、ということ。労働者からの搾取だけでなく、自然からもさまざまな資源を徹底して奪っていく」と資本主義を根底から批判する。

 資本主義が攻撃される一方で、その代替案として社会主義に対する評価や憧れが強まっている。

 多くの人は、資本主義そのものを否定する過激な考えは支持をためらっても、資本主義や新自由主義の「行き過ぎ」を是正せよというメディアや評論家のもっともらしい主張には賛同する。そうした社会のムードは政治の世界にも影響を及ぼしている。

「新しい資本主義」はもはや資本主義ではない

 昨年10月、岸田文雄氏が臨時国会で内閣総理大臣に指名され、首相の座に就いた。岸田氏がこれに先立つ自由民主党の総裁選で強調したのは、「新自由主義的政策の転換」だった。

 岸田氏は「格差が広がれば経済の好循環は実現せず、社会・政治も不安定化する」として、株の売却益など金融所得に対する課税の強化を主張。一律20%の税率を引き上げて税収を増やし、中間層や低所得者に配分する考えを示した。首相就任当日夜の記者会見でも、経済成長の果実を「しっかり分配」する「新しい資本主義」の実現を目標に掲げた。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合