NEW

『鎌倉殿の13人』源頼朝と木曽義仲が仲が悪いワケ…父の代から血を血で洗う仁義なき戦い

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】, ,
『鎌倉殿の13人』源頼朝と木曽義仲が仲が悪いワケ…父の代から血を血で洗う仁義なき戦いの画像1
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では俳優・青木崇高がワイルドで男気あふれる木曽義仲を好演。“一本眉”が話題となった巴御前(演:秋元才加)との互いを思いやる別れのシーンは涙、涙でした……。(画像は、長野県木曽郡木曽町日義にある徳音寺所蔵の木曽義仲像【Wikipediaに掲載】より)

源義朝と木曽義仲、いとこ同士の仲の悪さはガチ

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第13回(4月3日放送)で、木曽義仲(演:青木崇高)が登場した。義仲は源頼朝(演:大泉洋)の従兄弟にあたる。読者のみなさんも日本史の授業で習ったと思うのだが、この従兄弟同士はあまり仲がよくない。最終的には、頼朝の命を受けた源範頼(のりより/演:迫田孝也)・義経(演:菅田将暉)兄弟によって、義仲は討たれてしまう。

 なぜ、血を分けた従兄弟同士なのに仲がよくないのかといえば――これは日本史の授業では習わなかったと思うのだが――父の代から、血で血を洗う死闘を繰り返してきたからなのだ。

木曽義仲の父・源義賢、源為義のあと押しを受け、摂関家に取り入り出世街道を驀進!

 ことの発端は、頼朝と義仲の祖父・源為義(ためよし)がダメンズだったことに由来する。

 為義ははじめ白河法皇の近臣で、同じく院の近臣だった藤原忠清の娘を妻に迎え、長男・源義朝(よしとも)が生まれた。頼朝の父である。

 ところが、為義の郎党(家臣)に不祥事が相次ぎ、本人の失態もあって、白河法皇から見放され、摂関家への接近という路線変更を余儀なくされた。義朝は母方の親族が院の近臣だったので、摂関家に近づきたい為義にとって邪魔な存在だった。

 当時は必ずしも長男が跡を継ぐというルールが確立していなかったこともあり、為義は義朝を疎んじて、次男の源義賢(よしかた)を後継者に定めた。

 義賢は通常、帯刀先生(たてわきせんじょう)義賢と呼ばれるのだが、これは皇太子(のちの近衛[このえ]天皇)の親衛隊長(=帯刀先生)に任官していたからだ。いうまでもなく、父・為義が義賢の任官を推薦していたのだ。義賢は、摂関家の藤原頼長と男色の関係になり、文字通り「かわいがられていた」。出世街道まっしぐらである(2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』では、山本耕史が頼長を演じていた)。

『鎌倉殿の13人』源頼朝と木曽義仲が仲が悪いワケ…父の代から血を血で洗う仁義なき戦いの画像1

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合