NEW

丸山和也弁護士が語る「僕しか知らない宮崎学」…押入れから拳銃、あの事件の真相

構成=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
宮崎学氏と大学時代のクラスメイトだった弁護士の丸山和也氏
宮崎学氏と大学時代のクラスメイトだった弁護士の丸山和也氏

 3月30日、暴力団や裏社会などの問題を扱ってきた作家の宮崎学氏が亡くなった。弁護士で参議院議員を2期務め、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)出演などでも注目される丸山和也氏は、大学時代に宮崎氏とクラスメイトだったという。そこで、丸山氏に宮崎氏との思い出について聞いた。

「おもろいもの見せてやる」

――3月30日に逝去した宮崎学さんとは早稲田大学法学部の同じクラスで、卒業後も親交があったそうですね。

丸山和也氏(以下、丸山) はい。実はこの半年くらい電話をかけても出なかったので、気になってはいました。クラス会のメールには時々返信があるんですが、どうしてるかなと。宮崎とは第二外国語が同じスペイン語で、このときのクラスメイトたちとは卒業後も交流していて、定期的にクラス会も開いていました。コロナ禍で休止になるまでは、宮崎も毎回来ていました。

――スペイン語選択とは珍しいですね。

丸山 フランス語やドイツ語はメジャーでつまらないじゃないですか(笑)。宮崎も他のクラスメイトも、みんなそう思ってスペイン語にしたんだと思います。宮崎とは生まれも育ちも全然違うんだけど、最初からウマがあって、よく一緒にメシを食ったりしていました。

――宮崎さんのお父様はヤクザの親分ですから、生育環境などはかなり違いますよね。

丸山 僕の父親は教師で、厳しい家庭で育ったので、無頼で放蕩みたいな生き方は、むしろうらやましかったですね。宮崎は世間のこともいろいろ知っていて、僕にはないものを持っていました。

――デビュー作『突破者―戦後史の陰を駆け抜けた五十年』(南風社)などによると、子分の組員さんたちに囲まれて育っていらっしゃいますから、「社会勉強」はいろいろされているのでしょうね。

丸山 おもしろい思い出はいっぱいありますよ。いつだったか、宮崎の下宿に遊びに行ったときに、「おもろいもの見せてやる」と言われてね。エロ本でも見せてくれるんかなと思ったら、なんと拳銃だったんです(笑)。押入れから出してきて。

――押入れから(笑)。

丸山 それも小型ではなく、けっこう大きくてね。「持ってみろ」「弾(たま)もあるんや」って宮崎に言われて(笑)。持ってみたら、かなり重かったです。えらいもん持っとるなあと思ったけど、宮崎らしくて意外ではなかったですね。

――大学生で拳銃を持ってるなんて、宮崎さんだけでしょうね(笑)。

丸山 そうですね。何事も有言実行で。本人はあっけらかんとしてましたね。

「僕が憧れていた喫茶店のウェイトレスと…」

――入学された1965年頃は、早大の学内は学費値上げ反対闘争で荒れていましたね。

丸山 はい。全国的に学生運動が過激になりつつある時代でした。僕らも入学してすぐにクラスが閉鎖され、しばらくは講義も行われませんでした。キャンパスの入り口も学内も「学費値上げ反対」とか「粉砕」とか書かれた立て看板ばかりでね。

 僕らのクラスでは宮崎だけが民青(日本民主青年同盟/日本共産党の青年組織)で学生運動を一生懸命やっていて、アジテーションもうまかった。クラスメイトたちは、政治的主張はどうあれ、みんな宮崎を好きだったと思います。明るくて行動的だから人気はあって、クラス委員もやっていました。弱い者いじめはしないし、優しかったんです。笑うとかわいいしね。