NEW

阿武町の誤送金、返金が困難な理由…オンラインカジノ「出金条件」が壁か

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
スマートフォン上のオンラインカジノの画像
阿武町が誤送金した4600万円を男性はオンラインカジノで使ったという(Getty Images)

 山口県阿武町が新型コロナウイルス対策の10万円給付事業で誤って、同町の住民男性(24)に4630万円を送金した問題で、この男性が謝罪と返金の意志を示していることが、FNNプライムニュース(フジテレビ系)のスクープでわかった。複数の報道によると男性は「ネットカジノ(オンラインカジノ)に使った」などと説明しているのだが、使途の全容はいまだに不明だ。警察関係者は「オンラインカジノにいったん入金したものを手付かずで取り返すのはかなり難しい」と語り、男性による返済が難航する可能性を示唆した。

 FNNが配信した記事『【独自】4630万円誤送金で34回の出金確認 男性「少しずつでも返していきたい」謝罪と返金の意向』では関係者の話として「入金があった4月8日のうちにおよそ67万円の出金が行われ、4月11日には8回にわたって繰り返されるなど、4月19日までに、34回の出金が確認された。1回で400万円が、別の口座に振り込まれたケースもあった」と出金の経緯を説明。代理人弁護士の談話として、「(男性は)『お金を使ってしまったことは大変申し訳なく思っている。少しずつでも返していきたい』と話している」と報じた。

 男性が金を使ったとされるオンラインカジノ。カリブ海のオランダ自治領キュラソーや地中海の島国マルタ、イギリスなどギャンブルが合法な国のライセンスを取得した上で、それぞれの国の事業者が運営していることが多いという。パソコンやスマートフォン、タブレットなどからルーレットやポーカー、バカラ、ブラックジャックなどに金を賭けることができる。

「賭場が日本国外にある」「外国政府の公認を受けている」などという理由から日本の警察も管轄外で、公営ギャンブル以外の賭博が禁止されている日本でもプレイすることができる。ただし、プレイするのには基本的に米ドルなど外国通貨が基本で、入金・出金処理も外国通貨の単位で行われる。決済にはクレジットカードやビットコインなどの仮想通過が使われているという。

 神奈川県警で違法賭博などの取り締まり経験のある元捜査員は、オンラインカジノと日本の警察を取り巻く状況を次のように語る。

「いわゆる『賭博及び富くじに関する罪』と言われる刑法185条から187条で規定されている犯罪行為に抵触するのは、例えばマルタ所在を謳いながら実際のカジノの運営主体が日本にあった場合などがそれに当たると思われます。

 また警視庁は昨年10月、東京都大田区西蒲田のインターネットカジノ店を摘発し、店舗責任者などを常習賭博容疑などで逮捕しました。このケースの逮捕容疑は、この店が海外のカジノサイトに接続したパソコンを複数設置し、客とポーカーなどの賭博をしたというものでした」

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合