NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

精神科医と患者の「転移性恋愛」の危険性…精神分析の副作用

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】, ,
精神科医と患者の「転移性恋愛」の危険性…精神分析の副作用の画像1
「gettyimages」より

 宇多田ヒカルさんが9年近く精神分析を受け続けていると語ったことに関する記事が「女性自身」(6月21日号/光文社)に掲載され、その中で小笠原晋也氏が精神分析について解説しており、なつかしい気持ちになった。だが、同時に一抹の不安も覚えずにはいられなかった。

 小笠原氏はラカン派の精神分析家である。精神分析にはさまざまな学派があり、ラカン派では、フランスの精神分析家で、パリ・フロイト派を創設したジャック・ラカンの精神分析理論を研究し、その技法に則って精神分析療法を行う。

 留学の時期はずれているが、小笠原氏も、私と同様にパリ第八大学でラカン派の精神分析を学び、ラカンの娘婿で後継者でもあるジャック・アラン・ミレールのセミネールに出席していた。また、小笠原氏は京都や大阪の病院に勤務していた時期があり、共通の知人が何人もいた。それほど親しいわけではなかったが、学会や研究会などで顔を合わせると挨拶を交わす程度の関係ではあった。

 小笠原氏は、ラカンに関する書籍や論文を積極的に発表していた。最初の妻を結腸ガンで失ったが、死別の4カ月後には再婚し、翌年には息子が誕生。東京で開業し、精力的に活動しているように見えた。

 だが、2002年12月、衝撃的なニュースが流れた。同年12月20付けの朝日新聞朝刊の記事を引用しよう。

<殺人の疑いで精神科医逮捕

 板橋区常磐台3丁目の精神科医師小笠原晋也容疑者(46)方で7日、病院事務員Nさん(28)が死亡しているのが見つかった事件で、板橋署は19日、小笠原容疑者を殺人の疑いで逮捕した。事件直後に首をつって重体となっていたが、容体が回復したため逮捕した。

 調べでは、小笠原容疑者は7日午前9時ごろ、交際していたNさんから別れ話を持ち出されてかっとなり、首を絞めて殺害した疑い>(筆者注:元の記事では、「Nさん」は本名)

 この事件で殺害されたNさんは、私が聞いていた再婚相手とは違っていたようだった。そこで、小笠原氏と親交があった精神科医に尋ねたところ、再婚相手とは約10年間連れ添ったが、離婚したということだった。小笠原氏は子ども2人、再婚相手は子ども1人を連れての再婚だったため、夫婦仲がギクシャクしてうまくいかなかったのかもしれない。

 再婚相手との離婚調停中に出会ったのが、Nさんである。この女性は、事件前年の2001年9月、小笠原氏のクリニックを患者として訪れ、うつ病と診断されている。その年の暮れ、2人は医師と患者の関係から男女の関係になり、同棲も開始。Nさんは、クリニックで小笠原氏の手伝いまでするようになった。そして、同棲を始めて2カ月後に小笠原氏の離婚調停が成立(『殺戮者は二度わらう―放たれし業、跳梁跋扈の9事件』)。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合