NEW

東大へ内部進学できる?知られざる東大「附属」中等教育学校の実態…超独特の入試

取材・文=文月/A4studio
東大へ内部進学できる?知られざる東大「附属」中等教育学校の実態…超独特の入試の画像1
東京大学教育学部附属中等教育学校のHPより

 早稲田大学、慶應義塾大学、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)などの大学附属校は中学受験の志望校として人気が高い。特に近年の中学受験では、コロナ禍の影響による社会情勢への不安、中堅校の難化、大学入試の競争激化などの理由により、附属校の受験者数が右肩上がりで増加するという“附属校ブーム”が顕著であった。

 しかし、日本のトップである東京大学にも附属校があることは、あまり知られていないのではないだろうか。東京大学の附属校というと、かなり難関なイメージがあり、受験対策もされていそうだが、不思議と中学受験の話題にはさほど上らない。そこで今回は大学ジャーナリストの石渡嶺司氏に、東大附属がどのような学校であるかについて詳しく話を聞いた。

東大へのエスカレーター式の内部進学はない

「正式名称は『東京大学教育学部附属中等教育学校』と言います。1921年に旧制東京高等学校として設立し、48年に新制中学校として再編。翌49年に東京大学に包括され、51年に教育学部の附属になりました。そして、2000年には中等教育学校として生まれ変わり、現在に至ります。

 ちなみに中等教育学校とは、1998年の学校教育法改正により登場した前期課程3年、後期課程3年に分かれる6年制の中高一貫校です。それぞれ中学校、高校の学習指導要領が適用され、前期課程で高校の学習内容を先取りして学ぶことも可能なんです。他の学校でいうと、トヨタ自動車、JR東海、中部電力が賛同して設立した私立の海陽学園も中等教育学校として知られています。

 また中等教育学校では基本的に高校募集が行われていません。そのため、6年間ずっと同じ仲間と共に生活していくことになります。なおラ・サールや開成のような有名校も中高一貫校ですが、こちらは高校募集を行っている“併設型”の中高一貫校となるので、厳密には中学と高校は別々の学校なんです」(石渡氏)

 次に東大附属の偏差値と大学進学実績について解説していただこう。

「首都圏模試センター発表によると、東大附属の偏差値は64。開成の78、筑波大学附属の75などのトップ校の偏差値と比べると低い数字となっています。

 ですが、国公立大学への進学者は過去3年で60人であり、私立の大学も青山学院が12人、慶應義塾が9人、上智が6人とまずまずの合格実績を誇っています。ですが、短大や専門学校への進学者もいるので、卒業後の進路はバラバラといった印象です」(同)

 大学進学実績の話で気になるのがやはり東大への進学。どうなっているのだろうか。

RANKING

5:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合