NEW

「老い」もまた成長 稲の一生に見る人生訓

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,
『生き物が老いるということ-死と長寿の進化論』(稲垣栄洋著、中央公論新社刊)
『生き物が老いるということ-死と長寿の進化論』(稲垣栄洋著、中央公論新社刊)

 どんな人も「老いる」ことからは逃れられない。「老い」とはどういうことなのか。スイスの心理学者ポール・トゥルニエは「人は老いに従うことのみによって、老いを自分のものにすることができる」と言う。

「老い」もまた成長 稲の一生に見る人生訓

 静岡大学大学院農学研究科教授の稲垣栄洋氏による『生き物が老いるということ-死と長寿の進化論』(稲垣栄洋著、中央公論新社刊)では、植物のイネにとって「老い」とは米を「実らせる」ことであり、老いの時期は最も輝きを持つステージであると綴られている。これを人に当てはめるなら、人間はどうして実りに目を向けず、いつまでも青々としていようとするのか、ということになる。人間にとって豊かに老いるとはどういうことなのか。本書では、生き物が老いるということはどういうことなのかを考察していく。

 先述の通り植物であるイネにとって「老いる」とは、米を「実らせる」こと。葉を茂らせて光合成してきたのも、茎を伸ばし、稲穂に花を咲かせたのも、全ては米を実らせるためだ。イネにとっては「老いの時期」こそが最も重要な時期なのだ。

 イネには大きく分けて3つの成長がある。最初のステージは、茎を増やし、葉を茂らせる「栄養成長期」と呼ばれるステージ。その成長はやがて終わりを告げ、茎の数はピークを迎えるとそれ以上増えなくなる。茎の数がピークを迎えると、イネは次に茎を伸ばす。そして、穂を出して花を咲かせる「生殖成長期」になる。花を咲かせた後は、イネは米を実らせる。このステージが「登熟期」と呼ばれるもの。

 登熟期になると、イネはもう茎を増やすことも葉を茂らせることもないので、成長していないように見える。しかし、このステージでこれまでの成長で得た栄養分を米に蓄積していく。若いイネでは持ち得なかった米を実らせているのだ。こうして葉が枯れる一方で、米は日々重くなっていく。イネにとって最も大切なのは米であり、この登熟期でイネの真価が問われる。

 生物にとって成長とは、単に大きくなることではなく、ステージが進んでいくこと。人間にも「子どもの時代」、「大人の時代」、そして「老い」というステージがある。老いというステージに進んでいくと考えれば、「老い」もまた成長なのだ。

 イネにとって「老い」は「米を実らせる」という成長。では、人間にとって老いのステージでもたらせる「実り」とは何なのか。本書から「老い」について、「生きること」について考えてみてはどうだろう。何とも味わいのある一冊だ。(T・N/新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

新刊JP

新刊JP

書評や著者や編集者、書店へのインタビュー、出版業界の最新情報、読書を面白くする企画記事などを配信し、読者に「次に読む本」を見つけてもらうことをコンセプトとしたウェブメディア。

新刊JP公式サイト

Twitter:@sinkanjp

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合