NEW

ガダルカナル島で住民が自衛隊員の首をハサミで刺す…事件の裏に複雑な背景

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
国際機関太平洋諸島センター
国際機関太平洋諸島センターの公式サイト

 太平洋戦争中、日米の激戦地となった「ガダルカナル島の戦い」から80年の節目で開かれた慰霊式で、衝撃的な事件が起きた。時事通信が8日に配信した記事『海上自衛隊員1人襲われる 慰霊式に出席中―ソロモン諸島』によると、南太平洋の島国ソロモン諸島(首都:ガダルカナル州ホニアラ市)で、同式典に出席していた海上自衛隊員1人(護衛艦「きりさめ」所属)が、現地在住の男に、はさみで首を刺され軽症を負ったという。男は精神的に不安定で、現場で取り押さえられたという。在ソロモン日本大使館が発表した。

 ガダルカナル島を含めたソロモン諸島は、美しい海で知られる国際的な観光地だ。また、日本との関係も深い。日本政府と太平洋諸国政府の機関が立ち上げた「国際機関太平洋諸島センター」の公式サイトには、ソロモン諸島と日本との“縁”を以下のように解説している。

「太平洋戦争の激戦地となったことにより日本との歴史的関係は深く、1980年には太平洋島しょ国ではパプアニューギニア、フィジーに続く3番目の日本大使館が開設されている。戦後日本から訪れる慰霊団や遺骨収集団による地元住民との交流は深く、また経済協力活動などを通じて日本に対して親近感を持っている住民も多い。その一方で、日本から訪れる訪問客は年間1000人以下、うち観光客は300人以下である」(原文ママ)

新型コロナウイルス感染症と政情不安

 そんな親日国で何があったのか。外務省関係者は次のように語る。

「海外安全情報にある通りです。同国では国政選挙などがある際、暴動が発生しており、社会情勢が不安定になる傾向が続いています。失業率の高さから、首都ホニアラの治安は良いとは言えません。あくまで一般論ですが、生活に困窮する人も多く、精神的に追い詰められている方も多いのかもしれません。

 コロナ禍による海外から訪問する観光客の減少も大きいでしょう。ソロモン諸島政府は“ロックダウン”を頻発する対策を取っています。同国の主産業のひとつである観光への影響は避けられず、雇用や経済に影を落としています。また歴史的にガダルカナル島の中央政府と、人口が最も多いマライタ島の住民との対立があり、それが国政選挙時などの暴動に起因しているようです。

 政情不安と治安維持の観点から、2003年~17年までオーストラリア軍を中心とするRAMSI(多国籍治安維持部隊『ソロモン諸島地域支援ミッション』)が派遣されていました。そして昨年11月24日には、ソガバレ首相の退陣を求める大規模な反政府デモが発生し、再びオーストラリア軍の治安維持部隊が派遣されています」

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合