NEW

かっぱ寿司社長が逮捕、寿司の味の向上に「はま寿司」から盗んだ情報をフル活用か

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, ,
かっぱ寿司社長が逮捕、寿司の味の向上に「はま寿司」から盗んだ情報をフル活用かの画像1
かっぱ寿司のHPより

 かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイトの田辺公己社長が、はま寿司の営業秘密を不正に取得した不正競争防止法違反の疑いがあるとして、警視庁が逮捕状を取った。かっぱ寿司と「はま寿司」は同じ回転寿司業界で競合関係にあるが、かっぱ寿司の親会社コロワイドと、はま寿司の親会社ゼンショーホールディングス(HD)も大手外食企業としてライバル関係にあり、外食業界関係者の間では事件の成り行きが注目されている。

 大手回転寿司チェーンのスシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司のなかでひときわ苦戦を強いられているのが、業界4位(国内店舗数ベース)のかっぱ寿司だ。運営会社カッパ・クリエイトの2022年3月期決算は、前期に続いて経常利益は赤字。当初の会社予想では赤字幅が縮小する見通しだったが、ふたを開けてみれば前期比28.3%の減益、約19億円の経常赤字に沈んでいた。

 カッパ社は21年3月期まで8期連続で前期比売上減が続き、勢いに乗る業界トップ、スシローとの格差は拡大。そんななか再建を託されたのが、今回逮捕された田辺社長だった。

成果が出初めていた田辺氏による経営

「すき家」などを運営するゼンショーHD取締役だった田辺氏は、20年11月にカッパ社の顧問に就任し、21年2月から社長を務めていた。報道によれば、田辺氏はゼンショーHDに在籍していた20年10月頃、つまりカッパ社顧問に就任する直前、ゼンショーHD子会社の「はま寿司」の仕入れ価格に関する情報などを外部に持ち出した疑いがあるという。警視庁は不正競争防止法違反容疑で田辺氏の逮捕状を取った模様だが、昨年7月にはカッパ社は、田辺氏が「はま寿司」から告訴されたと発表し、社内調査を行っていた。

「最近、かっぱ寿司自身がCMでも『最近かっぱがうまいらしい!』というキャッチコピーを打ち出しているように、SNS上でも『かっぱ寿司が美味しくなった』と話題になり、以前から定着していた『安かろう、マズかろう』というイメージが払拭され始めていた。そのタイミングでスシローの不祥事が続出し、6月には景品表示法違反(おとり広告)で消費者庁から措置命令を受けるなどして、客数と売上高がともに前年同月比減となる月が続き、このまま客離れが起こり、評判が上がっている『かっぱ寿司』に客が流れると予想されていた。

 カッパ社は今期(23年3月期)は黒字転換の見通しとなっており、田辺氏が社長に就任して1年、着実に成果をあげているようにみえていたが、今回の事件はせっかく吹き始めた追い風を打ち消すものとなってしまった。

かっぱ寿司社長が逮捕、寿司の味の向上に「はま寿司」から盗んだ情報をフル活用かのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合