ビジネスジャーナル > ITニュース > 「NameDrop」で連絡先ポスターを交換する方法
NEW

iOS 17で注目の「NameDrop」を使って連絡先ポスターを交換してみた!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

iOS 17ではさまざまな新機能が追加されましたが、そのなかのひとつに「NameDrop(ネームドロップ)」があります。NameDropはiPhone同士であれば、本体を近づけるだけで連絡先を共有できる便利な機能。電話番号やメールアドレスなどをオシャレにデザインした連絡先ポスターを、簡単に交換できるのです。そこで今回は、iOS 17の新機能NameDropを使って、実際に連絡先ポスターを交換する手順を紹介します。

iOS 17で追加された新機能「NameDrop」とは?

2023年9月にリリースされたiOS 17では、チェックイン(到着確認)機能や連絡先ポスターの作成、オリジナルステッカー作成など、さまざまな新機能が追加されました。

そのなかでも、非常に便利な機能が「NameDrop」です。NameDropはiOS 17にアップデートしたiPhone同士を近づけるだけで、自分のマイカードに登録してある連絡先ポスターを簡単に交換(共有)できる便利な機能です。

iPhoneユーザー同士で連絡先を共有する方法は、すでに「AirDrop」がありますが、こちらはいくつかの手順を踏まなければならず、少々面倒でした。

しかし、NameDropを使えば、iPhoneユーザー同士の連絡先交換がアッという間に完了するのです。

iOS 17で追加された新機能「NameDrop」とは?
(Image:apple.com) iOS 17では、自分のマイカードを写真やミー文字でオシャレにデザインした連絡先ポスターにできますが、「NameDrop」ではこの連絡先ポスターを名刺代わりに交換できます(画像はApple公式サイトより引用)

NameDropを試す前にまずはマイカードを作成しよう

実際にNameDropを使って連絡先を交換するには、事前に自分の「マイカード」を作成しておく必要があります。

マイカードとは自分のプロフィールに付随する、写真や画像、名前や連絡先を入れた名刺のようなものです。

NameDropを使用するときは、このマイカードを交換(共有)しますが、iOS 17では新たにデザイン性の高い「連絡先ポスター」を作成できますので、これを事前に作成しておきましょう。

マイカードで連絡先ポスターを作成するには、まずiPhoneの「連絡先」アプリを開き、自分の連絡先をタップ。続いてマイカードとして設定される写真やポスターの名前を設定していけばOKです。

マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順

マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順1
まず、iPhoneの「連絡先」アプリを開きます(左写真)。次に、連絡先リストでいちばん上に表示される自分の「マイカード」を選択しましょう(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順2
マイカードを開いたら画面右上の「編集」をタップ(左写真)。続いて、名前や電話番号、メールアドレスなどを入力していき、画面右上の「完了」をタップします(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順3
元の画面に戻ったら「連絡先ポスター」を設定するので、「連絡先の写真とポスター」をタップ(左写真)。次の画面では「続ける」を選択しましょう(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順4
ここでは名前の変更のほか、写真やミー文字を設定できます。今回は「写真」を選択しました(左写真)。すると、写真フォルダが開くので、なかから好みの写真を選びましょう(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順5
選んだ写真と名前がレイアウトされるので、写真を調整します(左写真)。また、名前をタップすると、色やフォント、配置などを変更することも可能です(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順6
連絡先ポスターが完成したら、画面右上の「完了」をタップ(左写真)。続いて「ポスターのプレビュー」画面で「続ける」を押します(右写真)
マイカード(連絡先ポスター)を作成する手順7
連絡先の写真を確認します。写真を調節したら「続ける」をタップ(左写真)。最後に「名前と写真の共有」をオンにしたら画面下の「完了」をタップしましょう(右写真)

実際にNameDropを使って連絡先ポスターを交換してみた!

マイカードで連絡先ポスターを作成したら、さっそくNameDropを使って友だちのiPhoneと連絡先を交換してみましょう。

まずは、NameDropを使えるように設定しておきます。この設定は自分だけでなく、共有する相手側も行っておく必要があります。

NameDropを使えるように設定する手順

NameDropを使えるように設定する手順1
まずiPhoneの「設定」を開きます(左写真)。次に、メニューのなかから「一般」を選択しましょう(右写真)
NameDropを使えるように設定する手順2
一般の項目で「AirDrop」を選択(左写真)。AirDropの設定で「デバイス同士を近づける」をオンにしておきましょう(右写真)

NameDropを利用する設定が終わったら、実際にiPhone同士を近づけて連絡先を交換してみましょう。

お互いのiPhoneを近づけると画面が光るようなエフェクトが表示され、iPhoneのマイカードに設定している自分の連絡先ポスターが表示されます。

あとは、お互いのiPhoneの画面で「共有」をタップすると自分の画面に相手の連絡先が飛ばされ、自分のiPhoneには相手の連絡先が届きます。これで連絡先が交換されました。簡単ですね!

ちなみに、連絡先ポスターを交換した時点で、相手の連絡先は自動登録されているので、あとで連絡先を登録する必要はありません。

NameDropで連絡先ポスターを交換する手順

NameDropで連絡先ポスターを交換する手順1
ロックを解除した状態でお互いのiPhoneをくっつけます。すると画面が光るようなエフェクトが起きます(筆者撮影)
NameDropで連絡先ポスターを交換する手順2
エフェクトが終わると、お互いのiPhoneに自動的に自分のマイカード(連絡先ポスター)が表示されます(筆者撮影)
NameDropで連絡先ポスターを交換する手順3
連絡先に電話番号やメルアドなどを登録してある場合は、共有したい項目を選んで「共有」ボタンを押しましょう(筆者撮影)
NameDropで連絡先ポスターを交換する手順4
すると、お互いの連絡先ポスターが交換(共有)され、自動的に「連絡先」アプリに相手の連絡先が登録されます(筆者撮影)

まとめ

いかがでしょうか? 今回紹介した「NameDrop」は、お互いのiPhoneを近づけるだけで簡単に連絡先ポスターを交換できますので、非常に便利です。

最初に設定を済ませておけば、従来のAirDropよりも簡単なので、プライベートだけでなくビジネスシーンでも活用されていくかもしれませんね。

気になった人は、ぜひ一度、友だち同士で試してみてはいかがでしょうか。

オトナライフ編集部

オトナライフ編集部

iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト。

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Twitter:@otonalife

iOS 17で注目の「NameDrop」を使って連絡先ポスターを交換してみた!のページです。ビジネスジャーナルは、IT、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!