NEW

【重賞展望・キーンランドC(G3)】ここでも著しい台頭をみせる『史上最強世代』世代No.1スプリンターとして秋の王座決定戦に挑むのはどの馬か!

【この記事のキーワード】

, ,

ukiyonokaze.jpg2015キーンランドC(JRA公式サイトより)

 今週末の28日(日)には、札幌でサマースプリントシリーズの1戦・キーンランドC(G3)が開催される。

 かつてはカレンチャンがここを勝ってスプリンターズS(G1)を制し、昨年も勝ち馬ウキヨノカゼが本番でも3着とサマースプリントシリーズだけでなく、秋のスプリンターズSに向けても注目の一戦。

 さらには同日に開催されるワールドオールスタージョッキーズの影響で、各鞍上もワールドワイドにグレードアップ。ますます楽しみだ。

 今年も多士済々なメンバーが集ったが、中心は函館スプリントS(G3)を制したソルヴェイグ(牝3歳、栗東・鮫島厩舎)としたい。

 というのも、1番人気はおそらく函館スプリントSの2着馬で鞍上がJ.モレイラ騎手のシュウジに持って行かれるからだ。だが、函館スプリントSを制して、出走メンバーの中でサマースプリントシリーズ王者に最も近いのはこの馬。

 そして、なによりもソルヴェイグにとって夏のスプリント王の座が懸かった重要な一戦でありながら、ましてやワールドオールスタージョッキーズの会場でありながらも、そのまま丸田恭介騎手を起用し続けた陣営の判断に敬意を表したい。

 前走重賞勝ちなら「当然」といえるのかもしれないが、昨今の競馬界は実績のない騎手の頑張りや結果を無視して、冷酷な乗り替わりが行なわれるシーンが珍しくないだけに、丸太騎手とソルヴェイグには再びの激走を期待したいところだ。

 とはいえ、近代競馬における鞍上の重要性が年々上がっていることは確か。先週の札幌記念(G2)でまさかの敗戦を喫したモレイラが、ここで鬱憤を晴らすかもしれない。

【重賞展望・キーンランドC(G3)】ここでも著しい台頭をみせる『史上最強世代』世代No.1スプリンターとして秋の王座決定戦に挑むのはどの馬か!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!