NEW

アルゼンチン共和国杯(G2)の侮れない「格下馬」トレジャーマップに注目!ココで結果を残し偉大な兄ゴールドシップと同じ舞台に立てるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
satukishoukikkashou.jpg競馬つらつら」より

 過去10年、3連単の配当はすべて100倍以上。上位人気馬の勝利が多いにも関わらず、「荒れる傾向」があるハンデ重賞アルゼンチン共和国杯(G2)。

 ハンデ戦において「斤量差」は重要な要素。アルゼンチン共和国杯(G2)もハンデ差を活かした馬の好走は珍しくない。また、本レースが「荒れる傾向」にある理由のひとつに、「昇級組の好走」ということが挙げられるだろう。

 ”格下”であっても「馬券に絡む可能性は十分」といえるハンデ重賞。そんなアルゼンチン共和国杯(G2)に、今年も”侮れない格下馬”が出走する。

 特に注目したいのはトレジャーマップ(牡5歳、美浦・石栗龍彦厩舎)だ。

 実績面では1000万下の本栖湖特別を勝ったばかりの完全な”格下”ではあるが、兄は有馬記念(G1)や天皇賞・春(G1)など、G1で6勝を挙げているゴールドシップという良血。前走も大外からの豪快な差し切りでの勝利と、評価できる内容であった。

 自己条件であったノベンバーS(2000m)よりも、陣営が血統から「距離は長い方がいい」と判断し、アルゼンチン共和国杯(G2)を選択したことにも納得できる。また斤量の面が大きかったことも間違いなく、石栗師は「51キロは魅力」とコメントし、51キロでも騎乗できる吉田豊騎手を確保するなど、このレースに対する勝負気配の高さが感じられる。

アルゼンチン共和国杯(G2)の侮れない「格下馬」トレジャーマップに注目!ココで結果を残し偉大な兄ゴールドシップと同じ舞台に立てるか?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!