NEW

武豊騎手も怒り心頭!? マイルCSでミッキーアイルが「許されてしまった」ことが意味するリスク

【この記事のキーワード】, ,
takeyutaka0108xs.jpg

 20日に開催されたマイルCSは、ミッキーアイル(牡5 栗東・音無厩舎)が久々のG1勝利を飾って幕を閉じたが、同馬の斜行によって多くの馬が不利を受けるという、後味の悪い結末となってしまった。

 主に被害を被ったのは、ミッキーアイルとそれを追うネオリアリズムの後ろを追いかけたサトノアラジン、ディサイファ、ダノンシャークの3頭。どの馬も手ごたえよく上がってきていたため、不利はあまりにももったいないものだった。

 特にディサイファは、サトノアラジンとダノンシャークに挟まれる形となり、鞍上は武豊騎手は馬の背中に尻もちをついて完全に失速。掲示板は十分狙える位置だったが、結果として10着に大敗している。

 レース後、武騎手は「転倒しなくて良かったよ」と語りながらも、表情は険しいものだった。「後味が悪い。直線ではいい感じだった」という「スポーツニッポン」の取材に対する言葉は本音と言えるだろう。

 こういった斜行によるトラブルや議論はこれまで幾度となく行われてきた。昨年の皐月賞におけるドゥラメンテや、2013年ロードカナロアの安田記念、12年のオルフェーヴルとジェンティルドンナのぶつかり合いなどなど、そのたびに物議を醸してきた。

武豊騎手も怒り心頭!? マイルCSでミッキーアイルが「許されてしまった」ことが意味するリスクのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?