NEW

藤田菜七子ブームは続くのか!? 「人気」に匹敵する「結果」が求められる勝負の年に秘策は……

【この記事のキーワード】, ,
nanakofujita0325.jpg藤田菜七子騎手(Nadaraikon(Wikipedia内)より)

 競馬界に綺羅星の如く誕生したスター・藤田菜七子。デビュー初年度から知名度を急激に上昇させ、今や競馬ファンならずとも、その名を知っている者も多いだろう。

 藤田騎手は16年ぶり史上7人目のJRA女性騎手として、昨年9月21日に地方の川崎競馬でデビュー。その後、着実にレースをこなしていく中で、彼女の人気はとどまるところを知らず、競馬雑専門誌以外の雑誌にもインタビューが掲載され、さらに昨年末にはカレンダーまで発売されるなど、競馬界内外で「菜七子フィーバー」の旋風が吹き荒れた。

 すでに人気の面では一流ジョッキーをも凌駕しているようにも思える藤田だが、今後もこの人気を維持、さらに上昇させるためには確たる「結果」が必要となってくるのは間違いないだろう。

「5日には、16年度の東京競馬記者クラブ賞の授賞式に出席した藤田騎手ですが、受賞したのは特別賞。新人ながら45勝を挙げた木幡巧が民放記者クラブ賞を受賞しましたが、彼のオマケ的な扱いだったのは否めないですよ。木幡は中央競馬騎手年間ホープ賞にも輝いている期待の星。藤田騎手は表彰式の壇上で『昨年以上の成績を残せるように頑張りたいです』と来年に向けての抱負を語っていますが、このままでは実力の木幡、人気の藤田なんて呼ばれ方までされてしまいそうです」(記者)

 藤田騎手の人気は、物珍しさゆえ各メディアが藤田騎手を”アイドル扱い”し、大々的に報じたことにも起因するだろう。ただ、単なるアイドルというだけでは、藤田騎手もそのうちただの一騎手として扱われることは避けられない。

藤田菜七子ブームは続くのか!? 「人気」に匹敵する「結果」が求められる勝負の年に秘策は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点