NEW

ヴァナヘイム「キンカメ×ディープ×エアグル」の超絶良血馬が若駒S出走! 「ただもらい」のメンバーだが不安は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibaup.jpg

 21日に京都競馬場で開催される若駒S(3歳オープン)。昨年のダービー馬マカヒキはもとより、過去にはディープインパクト、トゥザワールド、ヒルノダムール、アンライバルドと後のG1戦線で活躍する実力馬を多数輩出してきた出世レースとして有名だ。

 当然、今年のメンバーにも注目が集まるところではあるが、何といってもファンの期待を集めるのがヴァナヘイム(牡3 栗東・角居厩舎)だ。

 ヴァナヘイムは父キングカメハメハ、母がグルヴェイグという血統。母父にディープインパクト、母母はエアグルーヴという、まごうことなき良血馬であり、日本競馬の粋を結集したとも述べていいレベルの血統である。

 現状、ヴァナヘイムは通算3戦で「1・2・0・0」。新馬戦はまったく追わずに完勝だったが、2戦目3戦目は連対こそ外してないものの、萩Sでは先に抜け出したプラチナヴォイスを捉えきれず、京都2歳Sでは直線で先手を打つも、大外一気で伸びてきたカデナに交わされてしまった。現状、どことなく決め手に欠ける部分を見せてはいるが……。

「萩Sでプラチナヴォイスに破れたのは痛かったですね。あそこを勝っていればすんなりクラシックロードに乗れたという印象はあります。これほどの良血馬ですし、陣営やサンデーレーシングとしてもクラシック出走が至上命題でしょう。賞金加算の意味からも、その道筋を確保するためのレース選択と言えます」(記者)

 期待と注目を集める存在だけに、陣営の気合も相当であることがうかがえる。今年の若駒Sの登録馬の中では戦積としては頭一つ抜けた存在だけに、確実に勝利がほしいところだ。

 これといったライバルもおらず「ただもらい」という声も聞こえてくるが、ヴァナヘイムはしっかりと勝利を収め、今後のトライアル、そして大目標のクラシックに名乗りを上げることができるだろうか。

ヴァナヘイム「キンカメ×ディープ×エアグル」の超絶良血馬が若駒S出走! 「ただもらい」のメンバーだが不安は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!