NEW

武豊騎手「表に出ない事件」兄の覚せい剤逮捕や親戚殺害などの情報が大々的に知られない「理由」と「競馬界の力」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊騎手「表に出ない親族トラブル」兄の覚せい剤逮捕や親戚殺害などの情報が大々的に出ない「理由」と「競馬界の力」の画像1

 競馬界を代表する騎手、武豊。G1勝利100勝以上、JRA通算3800勝以上など、空前絶後の記録を更新し続けるまさにレジェンドだ。

 ただ、ここまで武騎手がすべてにおいて順風満帆だったかといえばそうではない。

 幾度かの落馬事故を経験し、2010年の落馬では鎖骨・腰椎骨折という重症を負い、復帰後は明らかに成績が下降。

 ケガの後遺症と地方や外国人騎手の台頭により、一時は年間56勝と全盛期の4分の1近くまで勝ち鞍を落とした。

 しかし、ケガからの復活、キズナでの日本ダービー制覇、その後エイシンヒカリやキタサンブラックなど優秀なお手馬と出会ったことで、現在では改めて「競馬界に武豊あり」を証明している。48歳にしてなお。その手綱さばきは衰えることはない。

 あくまで成績上の武豊の浮沈であれば、多くのファンが知るところ、というより、競馬ファンがもっとも注目する部分ではあるだろう。ただ、武騎手の「周囲」では、これまで多くのトラブルがあった。

 武騎手は4人兄弟の三男として生まれ、父の故・武邦彦氏は騎手から調教師となり、弟幸四郎は今年引退したJRA騎手として活躍。親族には牧場経営者もいるなど、まさに「競馬一族」の中で育ってきた。

武豊騎手「表に出ない事件」兄の覚せい剤逮捕や親戚殺害などの情報が大々的に知られない「理由」と「競馬界の力」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!