NEW

競馬・パチンコに入場制限!?「依存症対策の強化」と発表も、一体どうやるの?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
競馬・パチンコに入場制限!?「依存症対策の強化」と発表も、一体どうやるの?の画像1

 昨年の「カジノ解禁法」施行に伴い、政府は「ギャンブル依存症対策」を導入する見通しだ。31日に開かれた関係閣僚会議では、対策強化の論点を整理したという。

 この中では競馬場など公営競技場やパチンコ店への入場を制限することや、競馬場・パチンコ店などに設置されているATMのキャッシング機能の廃止などを、対策として導入する予定となっている。

 持参した資金を使い果たした客が、その場で金を引き出す行為は「客を深みにはめる」と指摘されてきたことは事実。キャッシングをしてまで遊戯・投票を行うことは決して好ましくないのもたしかだ。これらが「ギャンブル依存症対策」として導入されることにも納得はできる。

 また入場制限に関しても「本人や家族の申請に基づく」という条件がある以上、ギャンブル依存症の当事者たちにとっては意味があることなのかもしれない。

 だがそこには「どうやって本人確認するのか?」という疑問が生まれる。

 本人や家族が申請した情報を、全国の公営競技場・パチンコ店が共有することは不可能に近いだろう。そのように考えれば入場の際に一人一人の身分確認を行うしかない。

 しかしこれを行うためには莫大な時間と人員を割かなければならない。コスト的な面から見ても不可能に近く、また不特定多数の人間が不規則に来店するパチンコ店であれば不向きとしか言いようがない。

競馬・パチンコに入場制限!?「依存症対策の強化」と発表も、一体どうやるの?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事