NEW

田辺裕信騎手が落馬で約1カ月戦線離脱!! 改めて考えさせられる騎手業の危険度

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レイデオロが皐月賞で早くも「白旗宣言」!? 昨年のサトノダイヤモンドと同じ土壇場での「最大目標ダービー」発言に漂う敗色感?の画像1

 好事魔多しとは、まさにこのことを言うのだろうか?

 1日に行われた福島競馬場の第11レース・テレビユー福島賞で、マルヨバクシンから落馬した田辺裕信騎手。その後、同日第12レースとその翌日に控えていた8鞍は乗り替わりが行われ、その安否を案じる声があがっていた。

「日刊スポーツ」が報じたところによれば、田辺騎手は落馬した際に左足くるぶしを剥離骨折していたことが判明。すでに5日に、茨城県内の病院で骨折箇所を金属で固定する手術を行っており、全治までは1カ月程度かかる見込みだという。

 今回落馬した田辺騎手は、5月21日にも東京第5レースでネコビッチに騎乗した際、最後の直線で落馬して、そのレース以降の7鞍をキャンセル。その中にはオークス(G1)も含まれていたが、無念の涙を飲んでいた。

 田辺騎手は関東のトップジョッキーのひとりとして数えられてはいたものの、これまであまり目立つ存在ではなかった。だが今年は、例年にないほどハイペースで勝ち星を積み重ね、先週までに59勝をあげていた。現在、リーディングでも戸崎圭太騎手、M.デムーロ騎手、C.ルメール騎手に次いで、福永祐一騎手と並ぶ4位をキープ。これまでのイメージを払拭するかのような活躍をしており、今後が期待されていたのだが……。それだけにこの負傷離脱は非常に痛いところだろう。

「田辺騎手に限らず、騎手という職業には想定外の事故がつきものです。今年、好調の田辺騎手はこれからも多くの有力馬に騎乗することが予定されているはず。無念さはあるでしょうが、騎手は身体が資本の職業。まずはしっかりと治療とリハビリをして、復帰後の戦いに備えてもらいたいですね」(記者)

 田辺騎手が騎乗していたマルヨバクシンは、右第1指関節開放性脱臼で予後不良となった。非常に痛ましい事故であり、改めてレースは人馬ともに命がけだということが浮き彫りになった。このような事故が少しでも減ることを祈るばかりだ。

田辺裕信騎手が落馬で約1カ月戦線離脱!! 改めて考えさせられる騎手業の危険度のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!