NEW

凱旋門賞(G1)サトノダイヤモンド屈辱の「10番人気」で終戦ムード!? 当日雨予報でサトノはサトノでも「サトノクラウン」待望論が最高潮

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
凱旋門賞(G1)サトノダイヤモンド屈辱の「10番人気」で終戦ムード!? 当日雨予報でサトノはサトノでも「サトノクラウン」待望論が最高潮の画像1サトノクラウン(競馬つらつらより)

 いよいよ10月1日に迫ったフランスの凱旋門賞(G1)。だが、年に1度の日本が世界の頂点に挑む戦いであるにもかかわらず、「わくわくしない」という声が相次いでいる。

 その最大の原因は、やはり日本を代表して凱旋門賞に挑戦するサトノダイヤモンドにあるのだろう。本馬は今月10日の前哨戦フォワ賞(G2)に出走。世界の頂点に立つことを考えれば、到底負けられないメンバーを相手に6頭中4着に沈んだ。

 レース後、主戦のC.ルメール騎手や池江泰寿調教師といった陣営は、雨で重くなった馬場に対応できなかったこと主要な敗因に挙げ、本番を「良馬場」で迎えることができれば巻き返せることを強調している。

 しかし、サトノ陣営の祈りも空しく凱旋門賞当日は雨予報となっている。

 海外競馬の第一人者となる合田直弘氏によると、今週月曜日の段階で、現地の馬場硬度を測定するペネトロメーターは「3.7」。これは、フォワ賞当日と同じ値だという。この中間はまとまった雨こそ少なかったものの曇り空が続き、なかなか馬場が乾いていないようだ。さらに凱旋門賞当日だけでなく、金曜日にも降雨が予想されており、下手をすればフォワ賞よりも、さらに悪化した馬場で本番を迎えることにもなりかねない状況である。

 陣営はサトノダイヤモンドの上昇ぶりをアピールしているが、あれだけ敗因が雨でにあったこと強調した上で、この状況では応援するファンのテンションが上がるはずもない。

 すでにネット上ではSNSを中心に「これだけワクワクしない凱旋門賞は初めて」「もう日本に帰ってきた方が良いのでは」「もともとキタサン(ブラック)に負けた馬」など、ネガティヴコメントで溢れ返っている。

 ここに来て「調子の良さで道悪もカバーできる」という報道もなされているが、さすがに無理があるのか「滑稽」という意見すら聞かれる悲惨な状況だ。

凱旋門賞(G1)サトノダイヤモンド屈辱の「10番人気」で終戦ムード!? 当日雨予報でサトノはサトノでも「サトノクラウン」待望論が最高潮のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!