NEW

吉岡里帆「下着シーン」以外価値なし? 初の「単独主演」も不安過多、唯一の希望は

【この記事のキーワード】

, ,

吉岡里帆「下着シーン」解禁で大成功? 初の「単独主演」も不安過多、唯一の希望はの画像1

 女優の吉岡里帆が、来年1月スタートのドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)で連ドラ初主演を務めることがわかった。

 同ドラマは天堂きりん氏の同名漫画の実写化で、2人の男性の間で揺れる「挙動不審のキョドコ」を吉岡が演じる。ドラマにCMにと引っ張りだこの吉岡だが……。

 やはりというべきか、今回の主演には疑問の声が多くあがっている。

「『主役と呼べるほどの華はない』『単なるゴリ押し』『低視聴率確定』と厳しい声が並んでいます。共演に桐谷健太さん、向井理さんが並んでいますが、『不安なキャスト』という意見が多数ですね。

そもそもバイプレーヤーで存在感を放ってきた吉岡さんですが、主演を張るほどの存在感はまだないのでは、というのが多くの見解です。物語も新垣結衣さん主演『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の二番煎じを狙っているような内容ですしね……」(記者)

 決定直後から厳しい声ばかりが目立つ『きみが心に棲みついた』。吉岡主演という点で、世間の認識と制作側の乖離が見受けられるようだ。

吉岡里帆「下着シーン」以外価値なし? 初の「単独主演」も不安過多、唯一の希望はのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!