NEW

マカヒキ「完全復活説」に賛否両論が激突!? 唯一、後方から追い上げた天皇賞・秋(G1)5着を巡っての見解は……

【この記事のキーワード】, ,
マカヒキ「完全復活説」に賛否両論が激突!? 唯一、後方から追い上げた天皇賞・秋(G1)5着を巡っての見解は......の画像1マカヒキ(競馬つらつらより)

 29日に行われた天皇賞・秋。視界が悪くなるほどの雨が降り注ぐ最後の直線で、勝ったキタサンブラックとサトノクラウンが壮絶な叩き合いを演じた一方、ただ1頭後方から猛然と追い上げたのが、昨年のダービー馬マカヒキ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)だった。

「できるだけ、いい馬場で走らせたい」

 戦前、管理する友道康夫調教師を始めとする陣営は、しきりに好天を願うコメントを繰り返していた。宝塚記念(G1)を前に休養に入った春と比べ、コンディションの上昇は明らかと胸を張っていたが、話が週末の天気に移ると途端にトーンダウン。馬場が荒れれば、無残な玉砕も覚悟しているような印象だった。

 実際にこの春の稍重の京都記念(G2)では、単勝1.7倍に推されながらサトノクラウンに完敗。レース後、R.ムーア騎手が「馬場が緩かった」と述べれば、今回の天皇賞・秋でも内田博幸騎手が「バランスを崩すところもあった」とコメントしている通り、決して重馬場が得意というタイプではなさそうだ。

 しかし、レースでは後方から競馬したサトノアラジンやヤマカツエース、ステファノスといったところが軒並み伸びあぐねる中、最後方から3頭目という絶望的な位置から馬群を縫うように力強い走りを披露。最後はリアルスティールと頭差の5着と、1年以上勝利から見放されているダービー馬が「完全復活の兆し」を見せた。

 ただ今回の力走を受け、ファンの間では真っ二つに意見が分かれている。

 復活「肯定派」の大方は、今回の好走を素直に支持。昨年の凱旋門賞挑戦以降、調子を崩していたが、春に早めに休養に入ったことで「本来の姿を取り戻しつつある」と考えているようだ。

マカヒキ「完全復活説」に賛否両論が激突!? 唯一、後方から追い上げた天皇賞・秋(G1)5着を巡っての見解は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突