NEW

パチンコ「換金」なし!? 外国人向けホールなど「特殊アピール」施設が与える影響とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 出玉や広告の規制によって、右肩下がりの傾向が続いているパチンコ業界。2月より実施される出玉規制強化によって、参加人口だけではなく市場規模の激減も予想されている状況です。

 しかし、各メーカーも規制内で支持を得られる機種を生み出そうと努力を惜しんではいません。ホールも清潔感を保ち無料サービスを充実させるなど、本当に厳しい時代だからこそ業界全体が必死になっているのです。

 今回は、そんなパチンコ業界の中で「一風変わった形」でアピール・イメージ改善に取り組んでいる施設を特集したいと思います。

世界から賞賛の声!? 外国人向けパチンコ店

 愛知県を中心にホールを運営する遊都が昨年6月に岐阜県高山市へオープンした、訪日外国人観光客の誘致を目的としたパチンコホール「EBIS駅前通り店」。

 外観は木目調の町屋のような造り。店内は訪日観光客から多く上がっている「パチンコ店は異質で入りにくい」という抵抗感を取り払うべく、カフェとパチンコホールを併設させた仕様となっている。

 1円の低貸しのみの営業で、機種は「甘デジ」や「ちょいパチ」という遊びやすさが特徴の機種を設置。その点が影響している可能性は高く、好評を得ることに成功しているようだ。

 出玉に関しては一般景品交換のみ。日本人形など”和”を感じられる品物を充実させるなど、ターゲットを強く意識したコンセプトとなっている。

 HPも全て英語表記。店内にはフリーWiFiを設置するなど、外国人観光客にとって嬉しいサービスが充実。「インバウンドの新しい形」とも評されていることに納得はできる。

 目先の利益にとらわれず「日本の文化であるパチンコを体験してもらいたい」「パチンコを健全なレジャーとして海外の人に紹介したい」という思いを、前面に出す姿勢には脱帽だ。パチンコのイメージ改善に、影響を与える存在と言えるだろう。

パチンコ「換金」なし!? 外国人向けホールなど「特殊アピール」施設が与える影響とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!