NEW

日経賞(G2)関係者情報「抜群」はキセキではない!? キーワードは「中山巧者苦戦」

【この記事のキーワード】, ,
日経賞(G2)関係者情報「抜群」はキセキではない!? キーワードは「中山巧者苦戦」の画像1

 24日(土)、中山競馬場で日経賞(G2)が開催される。芝・3200mの長丁場、天皇賞・春(G1)へ続く重要なレースに位置づけられているこの戦い。大本命に上げられているのは、昨年の菊花賞(G1)を制したキセキだが、その牙城を揺るがすべく今年もライバルたちが準備を怠っていない。

 春の大一番を占う大事なレースを読み解くべく、今回は現場関係者より仕入れた「極秘ネタ」の中から選出した、有力馬たちの情報を紹介していこう。

 昨年から重賞の中長距離戦線常連となったトーセンバジル(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)は、忘れてはならない1頭だ。

 一昨年前は下位クラスでくすぶっていたものの昨年から本格化して、阪神大賞典(G2)で3着、京都大賞典(G2)で2着と長距離戦でその才能を存分に発揮した。さらに前走の香港ヴァーズ(G1)では世界の強豪に割って入る3着入線。キセキに先着してその実力を改めて示した。

 21日の最終追い切りでは僚馬ジョーダンキングとウッドで併せ馬。7馬身追走する形で行われたが、軽々と交わして3馬身先着。ラスト1ハロンは12秒7と少々物足りないが「先週がハードだったため、今週は相手に合わせた軽めの稽古だったよう」とは現場記者。またそれでも「最後は手応えよく反応していたから、陣営も『状態はバツグン』と満足気だったよ」と語る。

 今回はリーデイングトップのM.デムーロ騎手との新コンビを結成。招待されたドバイシーマクラシックさえも見送ったトーセンバジルが万全を期して日経賞へ向かう。

日経賞(G2)関係者情報「抜群」はキセキではない!? キーワードは「中山巧者苦戦」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか